感傷の街角

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1994年09月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041671078

感傷の街角

  • 著者 大沢 在昌
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1994年09月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041671078

早川法律事務所に所属する失踪人調査のプロ佐久間公がボトル一本の報酬で引き受けた仕事は、かつて横浜で遊んでいた”元少女”を捜すことだった。著者23歳のデビューを飾った、青春ハードボイルド。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「感傷の街角」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 【佐久間公】シリーズ第1弾。〔再読〕失踪人調査探偵である佐久間公の、7つの短編集。タイトルと同じ短編「感傷の街角」は、作者デビュー作品で好きな一作。ハードボイルドよりは、ハーフやハートと呼ぶのが良い位 【佐久間公】シリーズ第1弾。〔再読〕失踪人調査探偵である佐久間公の、7つの短編集。タイトルと同じ短編「感傷の街角」は、作者デビュー作品で好きな一作。ハードボイルドよりは、ハーフやハートと呼ぶのが良い位の余韻を感じる物語。失踪人調査の謎を追うという設定よりは、調査に関わり人間的なセンチメンタルが其所に介在する。よって青臭い物語と感じる方も多いかも知れないが、自分の人生と重なってしみじみとした読み心地である。作者と謎解き勝負が続くと、こうした雰囲気に浸る事が必要となる。何故か今回は、中村倫也氏でイメージした。 …続きを読む
    セウテス
    2020年08月27日
    79人がナイス!しています
  • 最近、(雪蛍)を再読したので佐久間公シリーズを読み直したくて再読。短編集で表題作はデビュー作。これを読むと作家自身だけでなく公の原点もわかり面白い。そして沢辺やその妹を始めいろんな人との出会いがあって 最近、(雪蛍)を再読したので佐久間公シリーズを読み直したくて再読。短編集で表題作はデビュー作。これを読むと作家自身だけでなく公の原点もわかり面白い。そして沢辺やその妹を始めいろんな人との出会いがあって上手く描かれている。ただなあ、この作家さんは自分の生い立ちがそうかもしれないけど、どうも上流階級の世界から少し逸脱した人間をターゲットし過ぎだなあ。ヒロインはみんな美人ばっか(笑)六本木・新宿・横浜ばっか(笑)・・・・それが大沢節だけど。 …続きを読む
    タックン
    2015年04月06日
    76人がナイス!しています
  • う〜ん、ハードボイルドって何?公さん、あたしが思うハードボイルドな登場人物よかソフトなのよね(^^;シリーズ読んだら理解できるかなぁ。 う〜ん、ハードボイルドって何?公さん、あたしが思うハードボイルドな登場人物よかソフトなのよね(^^;シリーズ読んだら理解できるかなぁ。
    2015年10月02日
    25人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品