試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1998年10月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041662106

GEN 『源氏物語』秘録

  • 著者 井沢 元彦
  • 解説 楠木 誠一郎
  • デザイン 安彦 勝博
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1998年10月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041662106


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「GEN 『源氏物語』秘録」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ★★★★☆ ★★★★☆
    bookrockcurry
    2019年04月24日
    15人がナイス!しています
  • 舞台は大戦前夜、民俗学者折口信雄の弟子で、後の角川文庫創設者角川源義を主人公に、源氏物語の原書の存在を伝える手紙を切っ掛けに解き明かされる日本史の闇と日米諜報戦が絡んだ歴史ミステリー。物語は、和辻哲郎 舞台は大戦前夜、民俗学者折口信雄の弟子で、後の角川文庫創設者角川源義を主人公に、源氏物語の原書の存在を伝える手紙を切っ掛けに解き明かされる日本史の闇と日米諜報戦が絡んだ歴史ミステリー。物語は、和辻哲郎の源氏物語多作者論を下敷きに、南朝の末裔と三種神器、足利義満の皇統奪取論、そして日本軍部と米英諜報機関との諜報戦が絡み合い壮大な歴史ミステリーに仕上がっている。とにかく面白い展開で一気読みであった。著者独自の歴史解釈が爆裂したお薦めの歴史ミステリーです。 …続きを読む
    TheWho
    2017年04月18日
    10人がナイス!しています
  • 源氏物語多作者論から足利義満、太平洋戦争まで展開した欲張りな小説だ。薀蓄やら推理やら、読者を飽きさせない。 源氏物語多作者論から足利義満、太平洋戦争まで展開した欲張りな小説だ。薀蓄やら推理やら、読者を飽きさせない。
    坊ちゃん
    2016年07月14日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品