試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1985年09月30日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041628010

オホーツク諜報船 

  • 著者 西木 正明
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1985年09月30日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041628010

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「オホーツク諜報船 」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ソ連だった時代の北方領土近海で漁をする人々にとって領海を犯して作業を行うことは生きる上では避けられないものだったかもしれない。これはあくまで物語としているが事実レポ船はあったのだろう。犯罪を犯すわけだ ソ連だった時代の北方領土近海で漁をする人々にとって領海を犯して作業を行うことは生きる上では避けられないものだったかもしれない。これはあくまで物語としているが事実レポ船はあったのだろう。犯罪を犯すわけだから持ちつ持たれつとはいかないが、拿捕され収容所送りか協力かと迫られれば断り切れなずいつしか深みに嵌り逃れられなくなる。このルートを使って亡命したりスパイを送りこんだり主義の違う国との最前線だった姿を見せられた「物語」でした。手を伸ばせば届くと思える北方領土がこの先も帰ってくることは困難なのかと考えるのだ。 …続きを読む
    goro@80.7
    2020年10月17日
    47人がナイス!しています
  • かつて根室の漁師とソ連との間で行われていた、所謂「レポ船」について取り上げた作品。人の弱みにつけ込む陰湿な方法で、ソ連側スパイへと仕立て上げられていく過程には、戦慄を覚えた。また、自らレポ船になるため かつて根室の漁師とソ連との間で行われていた、所謂「レポ船」について取り上げた作品。人の弱みにつけ込む陰湿な方法で、ソ連側スパイへと仕立て上げられていく過程には、戦慄を覚えた。また、自らレポ船になるためソ連に売り込む者、ベトナム反戦兵士の脱走経路の一躍を担ったこと、暴力団と密漁についても触れられている。本作品が、小説なのかノンフィクションなのかはよく分からないが、とても面白い作品ではあった。 …続きを読む
    電波時計
    2017年07月19日
    6人がナイス!しています
  • 著者のノンフィクション作家としての出世作。よく取材している。30年以上前の話だが、恐らく脇の甘いこの国には今もにたような話が進行しているのだろう。 著者のノンフィクション作家としての出世作。よく取材している。30年以上前の話だが、恐らく脇の甘いこの国には今もにたような話が進行しているのだろう。
    60代でも思春期
    2013年11月05日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品