発作的座談会

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1996年10月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041510124

発作的座談会

  • 著者 椎名 誠
  • 著者 沢野 ひとし
  • 著者 木村 晋介
  • 著者 目黒 考二
  • 訳者 椎名 誠
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1996年10月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041510124

メディアミックス情報

NEWS

「発作的座談会」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • おっさんの、おっさんによる、おっさんのための雑談。よくぞここまでバカ話を繰り広げられるものだと感心してしまう。いつの間にかテーマがそれても全然平気。特に沢野ひとしさんのズレは天才的と言えるだろう。中学 おっさんの、おっさんによる、おっさんのための雑談。よくぞここまでバカ話を繰り広げられるものだと感心してしまう。いつの間にかテーマがそれても全然平気。特に沢野ひとしさんのズレは天才的と言えるだろう。中学・高校の同級生の関係がそのまま持ち越されて、実にいい雰囲気になっている。この本の初版からすでに24年。にもかかわらず古びない、永遠の意味なし座談。もちろん無意味なのが魅力です。 …続きを読む
    へくとぱすかる
    2014年03月23日
    27人がナイス!しています
  • いいなあ、こういう馬鹿な友だち。古くからの付き合いだし性格の違いや棲み分けができているので成立するんだろうね。まるで小松左京や星新一やツツイらの昔の対談(例えば『SF作家オモロ大放談』)を思い出してニ いいなあ、こういう馬鹿な友だち。古くからの付き合いだし性格の違いや棲み分けができているので成立するんだろうね。まるで小松左京や星新一やツツイらの昔の対談(例えば『SF作家オモロ大放談』)を思い出してニヤニヤ(時に大笑い)してしまった。だけど、こーゆーのを読むとフツーの小説を読めなくなるから困るんだよな。339ページの短篇はブライアン・W・オールディスの「小さな暴露」(『ニューワールズ傑作選№1』所収)ですが入手は困難かと・・・。375ページ …続きを読む
    けいちゃっぷ
    2009年11月03日
    10人がナイス!しています
  • 内容(「BOOK」データベースより) 某月某日、満を持して集まった4人の男たち。されど無きに等しい展望と計画…。とりあえず酒を飲み、スルメをかみしめる。するとわき出るように溢れ出す言葉のバトルロイヤ 内容(「BOOK」データベースより) 某月某日、満を持して集まった4人の男たち。されど無きに等しい展望と計画…。とりあえず酒を飲み、スルメをかみしめる。するとわき出るように溢れ出す言葉のバトルロイヤル!!どーでもいいこと悪いこと、とことん熱く語りぬく。脱線につぐ脱線で、どこへ行くのか漂流座談会。問答無用のライブな一冊。 …続きを読む
    ソラ
    2009年03月20日
    9人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品