魔女たちのたそがれ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1986年05月30日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041497364

魔女たちのたそがれ

  • 著者 赤川 次郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1986年05月30日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041497364


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「魔女たちのたそがれ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 怖い!「薄気味悪い閉鎖的な町」という舞台が、かなり好みでした。意外性のあるラストに驚いたので、ぜひ、続編も読んでみたくなりました。本作は、数ある赤川さんの作品の中でも、傑作に入るのではないでしょうか。 怖い!「薄気味悪い閉鎖的な町」という舞台が、かなり好みでした。意外性のあるラストに驚いたので、ぜひ、続編も読んでみたくなりました。本作は、数ある赤川さんの作品の中でも、傑作に入るのではないでしょうか。 …続きを読む
    雨音@灯れ松明の火
    2016年03月24日
    44人がナイス!しています
  • 山間の小さな町で起こる連続殺人。何やら”秘密“を抱えた町の人々。謎が謎を呼ぶ怪しげで緊張感のある展開ながらも、赤川氏らしい軽快な文体で非常に読みやすい。「なんでこれがホラー文庫なんだろう」と思ってたら 山間の小さな町で起こる連続殺人。何やら”秘密“を抱えた町の人々。謎が謎を呼ぶ怪しげで緊張感のある展開ながらも、赤川氏らしい軽快な文体で非常に読みやすい。「なんでこれがホラー文庫なんだろう」と思ってたら、最後の最後でその意味が分かる。この作品には、偏見や差別といった、かなりヘヴィな裏テーマがあるのでは?と深読みしてしまったが実際どうなんだろ。続編があるらしいので是非読んでみたい。 …続きを読む
    あめしょ
    2016年01月22日
    36人がナイス!しています
  • あっという間に読み終わった。続編があるようなので、そちらも読んでみたい。 あっという間に読み終わった。続編があるようなので、そちらも読んでみたい。
    はらぺこ
    2016年08月08日
    32人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

赤川 次郎(あかがわ・じろう)

一九四八年、福岡県生まれ。七六年、「幽霊列車」で第15回オール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。作品が映画・ドラマ化されるなど、続々とベストセラーを刊行。「三毛猫ホームズ」シリーズ、「鼠」シリーズ他、『セーラー服と機関銃』『ふたり』など著書多数。二〇〇六年、第9回日本ミステリー文学大賞、一六年『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。

最近チェックした商品