墓地を見おろす家

墓地を見おろす家

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1993年12月17日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041494110
label

墓地を見おろす家

  • 著者 小池 真理子
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
1993年12月17日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041494110
新築・格安、都心に位置するという抜群の条件の瀟洒なマンションに移り住んだ哲平一家。だがそこは広大な墓地に囲まれていた……次々と襲いかかる恐怖。衝撃と戦慄の名作モダン・ホラー。 新築・格安、都心に位置するという抜群の条件の瀟洒なマンションに移り住んだ哲平一家。だがそこは広大な墓地に囲まれていた……次々と襲いかかる恐怖。衝撃と戦慄の名作モダン・ホラー。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

「墓地を見おろす家」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 小池真理子といえば、都会を舞台に大人の恋を颯爽と描く作家というのが私の抱いていたイメージだった。ところが、ここにはもう一人の小池真理子がいる。すなわち、彼女はこの上なく怖いホラー小説作家としての顔をあ 小池真理子といえば、都会を舞台に大人の恋を颯爽と描く作家というのが私の抱いていたイメージだった。ところが、ここにはもう一人の小池真理子がいる。すなわち、彼女はこの上なく怖いホラー小説作家としての顔をあわせ持っていた。これまでにも、そうした小説も読んできた。しかし、本書はその怖さにおいて他を圧するものがある。微かな気配と予兆に始まり、じわじわと主人公一家を、そして読者を心理的に追い込んでゆく手法。その速度たるや、まさに絶妙である。想像力こそが恐怖の源泉に他ならないが、小説世界はそれを喚起して止むことがない。 …続きを読む
    ヴェネツィア
    2019年07月21日
    696人がナイス!しています
  • 小池真理子のホラーは、随分前に「アナベル・リイ」を読んで以来。あれはどこか上品な雰囲気の怪談だったが、これはまたいかにも分かりやすいホラーで、さすがに30年前の作品だしそんなに怖くはないけど墓場を見下ろ 小池真理子のホラーは、随分前に「アナベル・リイ」を読んで以来。あれはどこか上品な雰囲気の怪談だったが、これはまたいかにも分かりやすいホラーで、さすがに30年前の作品だしそんなに怖くはないけど墓場を見下ろすマンションの禍々しい感じは良く出ている。終盤、救いの神と思われた引っ越し屋始め電話屋エアコン屋など業者が軒並みじゅうじゅうと溶解するのはそんなアホな、だけど、ラストの主人公一家が墓場マンションに閉じ込められ追い詰められる様はじっくりジワジワとハラハラさせられる。彼等は果たして無事に脱出出来るのか。 …続きを読む
    青乃108号
    2023年10月18日
    248人がナイス!しています
  • 話は白文鳥の死から始まる。かつて不倫相手だった今の夫と(前妻の自殺後)結ばれた美沙緒。意識のどこかで死と隣り合っているこの夫婦の日常からは、バブル期に多くの人が抱いた焦りや掴み所のない不安が伝わってく 話は白文鳥の死から始まる。かつて不倫相手だった今の夫と(前妻の自殺後)結ばれた美沙緒。意識のどこかで死と隣り合っているこの夫婦の日常からは、バブル期に多くの人が抱いた焦りや掴み所のない不安が伝わってくる。夫のマイホームへの拘りと、妻の育児や仕事に向けた願望…にも拘わらず、墓地に面したマンションでは転出が相次ぐ。地下倉庫で頻発する怪現象は、頓挫した地下商店街計画とどう関わるのか。街を覆う虚ろな空気は緊急事態宣言の頃にも似るが、読むうちにむしろこれはJGバラードの〝終わっている世界〟に近いと思われた。1988 …続きを読む
    夜間飛行
    2020年08月02日
    214人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品