試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1993年12月17日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041494110

墓地を見おろす家

  • 著者 小池 真理子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1993年12月17日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041494110

新築・格安、都心に位置するという抜群の条件の瀟洒なマンションに移り住んだ哲平一家。だがそこは広大な墓地に囲まれていた……次々と襲いかかる恐怖。衝撃と戦慄の名作モダン・ホラー。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「墓地を見おろす家」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 小池真理子といえば、都会を舞台に大人の恋を颯爽と描く作家というのが私の抱いていたイメージだった。ところが、ここにはもう一人の小池真理子がいる。すなわち、彼女はこの上なく怖いホラー小説作家としての顔をあ 小池真理子といえば、都会を舞台に大人の恋を颯爽と描く作家というのが私の抱いていたイメージだった。ところが、ここにはもう一人の小池真理子がいる。すなわち、彼女はこの上なく怖いホラー小説作家としての顔をあわせ持っていた。これまでにも、そうした小説も読んできた。しかし、本書はその怖さにおいて他を圧するものがある。微かな気配と予兆に始まり、じわじわと主人公一家を、そして読者を心理的に追い込んでゆく手法。その速度たるや、まさに絶妙である。想像力こそが恐怖の源泉に他ならないが、小説世界はそれを換気して止むことがない。 …続きを読む
    ヴェネツィア
    2019年07月21日
    472人がナイス!しています
  • タリランラン、タリランラン…、暗がりの向こうからタモリが現れる。あの『世にも不思議な物語』のオープニング。この本を開く度に、そのシーンを思い出した。読友のお勧め、2回目の小池真理子さん。前回は恋愛、今 タリランラン、タリランラン…、暗がりの向こうからタモリが現れる。あの『世にも不思議な物語』のオープニング。この本を開く度に、そのシーンを思い出した。読友のお勧め、2回目の小池真理子さん。前回は恋愛、今回はホラー。読みやすく、吸引力もあった。若い夫婦と幼い女の子の3人家族に迫る恐怖…。ひょっとして、あなたの住むマンションの地下にもこのような空洞があるかも知れません…。と、最後にタモリが微笑む。ちなみに『豊洲』の物語ではありませんのであしからず。次はホラーで凍えた脳に『N』で脳血流を増やしてもらいますっ。 …続きを読む
    まるけん
    2016年11月09日
    173人がナイス!しています
  • 読友さんのオススメ本。……やや苦手としているホラー……(笑)小池真理子さんがホラーを描くというのを初めて知った(不倫とかのイメージ)。ベタなホラー作品ではあるが、とにかく怖い。エレベーターのくだりを読 読友さんのオススメ本。……やや苦手としているホラー……(笑)小池真理子さんがホラーを描くというのを初めて知った(不倫とかのイメージ)。ベタなホラー作品ではあるが、とにかく怖い。エレベーターのくだりを読んでいる時は特に背筋がゾゾゾっと。マンション住まいでなくてよかった。しかも、人間のえげつないところまで描かれていて、さすがに上手い!!と一人で納得。怖くても先が気になる本だった。何ともいえない理不尽な感じがたまらなく好き(笑)そしてラストは放り投げ。後はご想像にお任せします、みたいな。そのほうがよっぽど怖い。 …続きを読む
    ゆこ
    2014年04月08日
    157人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品