仁義なき戦い 決戦篇 美能幸三の手記より

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1980年03月18日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
326
ISBN:
9784041464021

仁義なき戦い 決戦篇 美能幸三の手記より

  • 著者 飯干 晃一
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1980年03月18日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
326
ISBN:
9784041464021

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「仁義なき戦い 決戦篇 美能幸三の手記より」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ☆×4.0…実はまた、この広島では抗争が起きてしまうのですよね。いったい何が、男たちを欲望の渦へと駆り立ててしまうのでしょうか…そして、手記の男は本当に貧乏くじを引かされ続けましたね。挙句の果てにかつ ☆×4.0…実はまた、この広島では抗争が起きてしまうのですよね。いったい何が、男たちを欲望の渦へと駆り立ててしまうのでしょうか…そして、手記の男は本当に貧乏くじを引かされ続けましたね。挙句の果てにかつて同じ場所に居合わせた人たちにも命を狙われるという皮肉なことにもなってしまいますし、老獪の根回しで気にかけている人たちにもそっぽを向かれてしまいますし。日の当たらぬ世界は、本当に欲にあふれて、近寄る人も信用できない、「信じられるものは、自分のみ」。すごく手記の最後が刺さりました。 …続きを読む
    みい⇔みさまる@この世の悪であれ
    2014年07月27日
    6人がナイス!しています
  • 下巻は前半、流血の抗争に至るまでの群像劇がすばらしい。広島と呉での地元勢力の争いに、全国区の山口組と本多会が介入してくるのだが、全国区の極道はやはり恰好いい。それにくらべて広島地元組は、なんじゃこりゃ 下巻は前半、流血の抗争に至るまでの群像劇がすばらしい。広島と呉での地元勢力の争いに、全国区の山口組と本多会が介入してくるのだが、全国区の極道はやはり恰好いい。それにくらべて広島地元組は、なんじゃこりゃあ、といいたくなるくらい田舎臭くて恰好悪い。語り手の美能幸三は、極道の美学に殉ずるみたいなお人好しのところがあるので、山村辰雄(金子信夫)も、打越信夫(加藤武)も厭で仕方がない。山口組の人に対して恥ずかしくていたたまれない。いやいや、この本は新刊でいつでも手に入るようでありたいぞ。 …続きを読む
    Aminadab
    2018年10月09日
    3人がナイス!しています
  • 再読。 うん、表紙がかっこいいのコレ。台詞はたぶんほとんどおぼえちゃうくらい何度も観た映画。まあ、ただただやくざなだけですが。 できることならかかわり合いにならない人生をおくれますように。 再読。 うん、表紙がかっこいいのコレ。台詞はたぶんほとんどおぼえちゃうくらい何度も観た映画。まあ、ただただやくざなだけですが。 できることならかかわり合いにならない人生をおくれますように。
    綺楽院 /kiraku-in
    2013年11月16日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品