試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1981年05月08日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041310175

零からの栄光

  • 著者 城山 三郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1981年05月08日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041310175

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「零からの栄光」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 車の運転中、前を走っているトラックや工事車両の後部に\ShinMaywa\というロゴが入っているのを度々見る機会があり、何となく気になっていた。それとは別に、海自の飛行艇US-2の離水時の写真が美しか 車の運転中、前を走っているトラックや工事車両の後部に\ShinMaywa\というロゴが入っているのを度々見る機会があり、何となく気になっていた。それとは別に、海自の飛行艇US-2の離水時の写真が美しかったのでPCの壁紙にしていたのだが、ふと気になって調べてみたところ、九七式・二式大艇を作った川西の後継会社の製造ということを初めて知り、傑作機の技術が今も生きていることに感動した。その新明和工業が上記の特殊車両も手がけていること、そして甲南・鳴尾・宝塚といった自分になじみの深い土地でスタートしたことも知った。 …続きを読む
    モリータ
    2013年10月10日
    8人がナイス!しています
  • 自宅の隣町である宝塚に本社を置く、新明和工業を描く本作。同社の前身は、本土を跳梁する大戦末期の米軍機を震え上がらせた名機、紫電改と二式大艇を以って結実した、多数の水上機群を得意とした川西航空機。北摂の 自宅の隣町である宝塚に本社を置く、新明和工業を描く本作。同社の前身は、本土を跳梁する大戦末期の米軍機を震え上がらせた名機、紫電改と二式大艇を以って結実した、多数の水上機群を得意とした川西航空機。北摂の雑穀問屋から身を起こし、織物・鉄道・倉庫と業容を拡大した川西財閥。確たる後ろ盾無く、ジェニジェニが口癖の、根っからのあきんど社長清三と同社幹部達が胸を熱くした、戦中戦後の飛行艇開発物語。因みに先年、辛坊治郎さんを救出したのも、新明和の最新鋭飛行艇。 …続きを読む
    北之庄
    2017年04月24日
    6人がナイス!しています
  • ビッグコミック増刊号で連載している「US-2救難飛行艇開発物語」を読んでいて本作を思い出し、本棚を探して引っ張り出して久々に読んでみた。現在の新明和工業をその前身である川西航空機時代から歴史を辿り、戦 ビッグコミック増刊号で連載している「US-2救難飛行艇開発物語」を読んでいて本作を思い出し、本棚を探して引っ張り出して久々に読んでみた。現在の新明和工業をその前身である川西航空機時代から歴史を辿り、戦後のPS-1開発までを描く。歴代の名機開発の現場だけに偏らず、裏で会社が抱えていた問題点などを描くなど、経済小説としての側面も強い。 …続きを読む
    AU.Step
    2019年08月02日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品