試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1975年06月16日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041310069

価格破壊

  • 著者 城山 三郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1975年06月16日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041310069

戦中派の矢口は激しい生命の燃焼を求めてサラリーマンを廃業、安売りの薬局を始めた。メーカーは安売りをやめさせようと執拗に圧力を加えるが……大手スーパー創業者をモデルに話題を呼んだ傑作長編。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「価格破壊」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ダイエーの創業者の故中内功氏がモデルとされる経済小説。NHKドラマで山内努氏演じる主人公矢口のアクの強い演技が強烈に印象に残っている。販売価格は売り手が決めると言う信念のもと既成の商慣習にとらわれずに ダイエーの創業者の故中内功氏がモデルとされる経済小説。NHKドラマで山内努氏演じる主人公矢口のアクの強い演技が強烈に印象に残っている。販売価格は売り手が決めると言う信念のもと既成の商慣習にとらわれずに価格破壊に突き進む矢口。厳しい競争に立ちはだかる強敵にも屈せずぶれることなく前に進む。友人の頼みにも決して私情を挟まない。ダイエーの栄枯盛衰 を知っているので少し複雑であるがとても大切なことを教えられた。 …続きを読む
    ゴンゾウ
    2016年02月20日
    102人がナイス!しています
  • 流通業に風穴を開けるといっても、やってることはつまり他人を犠牲にしての自己利益の追求。それが資本主義のビジネスの世界だと言われればそれまでだが、あまり読んでていい気はしなかった。 流通業に風穴を開けるといっても、やってることはつまり他人を犠牲にしての自己利益の追求。それが資本主義のビジネスの世界だと言われればそれまでだが、あまり読んでていい気はしなかった。
    まひはる
    2014年08月11日
    33人がナイス!しています
  • これは面白かったです。 ダイエー創業者の中内功さんをモデルにした経済小説です。今から50年近く前に連載されていたようですね。 当時の再販制度と闘いながら、単なる安売りとは全く異なる「価格破壊」を目指し これは面白かったです。 ダイエー創業者の中内功さんをモデルにした経済小説です。今から50年近く前に連載されていたようですね。 当時の再販制度と闘いながら、単なる安売りとは全く異なる「価格破壊」を目指し、スーパーマーケットという業態を築き上げていく様子に、熱い想いを感じました。 またひとつ、良い作品に出合えました。 …続きを読む
    Walhalla
    2016年09月29日
    27人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品