遠き落日(上)

1980年 第14回 吉川英治賞

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1982年09月14日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041307144

1980年 第14回 吉川英治賞

遠き落日(上)

  • 著者 渡辺 淳一
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1982年09月14日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041307144

猪苗代湖畔の貧農の家に生まれ、苦難の中上京、医学の階段を登りアメリカへ。異境での超人的な研究と活躍、野口英世の劇的な生涯と医学と人間性を鋭く描破した、吉川英治賞受賞。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「遠き落日(上)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 毎日お顔を見るけれど、その功績はあまり知られていない…。体が不自由だけど、頭が良くて…。貧しいながらも、何とか医師になる。母親の負い目、ずる賢さ、壊滅的な金銭感覚。野口英世はこういう青年期を過ごしてい 毎日お顔を見るけれど、その功績はあまり知られていない…。体が不自由だけど、頭が良くて…。貧しいながらも、何とか医師になる。母親の負い目、ずる賢さ、壊滅的な金銭感覚。野口英世はこういう青年期を過ごしていたんだと驚いてしまった。まぁ、下巻での彼の活躍を期待して。 …続きを読む
    美雀(みすず)
    2014年09月26日
    45人がナイス!しています
  • 子どもの頃に伝記で読んだ野口英世とは随分違うな。『当世書生気質』の登場人物に名前が似ていたことが改名のきっかけとは知らなかった。 子どもの頃に伝記で読んだ野口英世とは随分違うな。『当世書生気質』の登場人物に名前が似ていたことが改名のきっかけとは知らなかった。
    ゆいまーる
    2013年07月15日
    15人がナイス!しています
  • 頭がよく行動力はあるが、 金にだらしなく放蕩の限りを尽くした英世。 本を閉じ、母の英世への思いに胸迫り、 むかし読んだシカの手紙を読み返す。 西さむいてわ拝み、東さむいてわ拝むシカ。 子供のころは何と 頭がよく行動力はあるが、 金にだらしなく放蕩の限りを尽くした英世。 本を閉じ、母の英世への思いに胸迫り、 むかし読んだシカの手紙を読み返す。 西さむいてわ拝み、東さむいてわ拝むシカ。 子供のころは何とも思わなかった手紙であるが、 一文一文が、胸に滲みる。 「はやくきてくたされ」と繰り返される懇願の手紙に、 涙など見せぬ僕でも、目頭が熱くなる。 …続きを読む
    kiyuan
    2012年04月17日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品