試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1994年12月02日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041227015

或る「小倉日記」伝

  • 著者 松本 清張
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1994年12月02日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041227015

巨匠の代表作にして、芥川賞受賞作

史実に残らない小倉在住時代の森鴎外の足跡を、歳月をかけひたむきに調査する田上とその母の苦難。芥川賞受賞の表題作の他、「父系の指」「菊枕」「笛壺」「石の骨」「断碑」の、代表作計6編を収録。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「或る「小倉日記」伝」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 孤独と悲哀の営みに満ちた短篇集。芥川賞受賞作である表題作含む全五篇、どれも読後のやりきれなさで胸を一杯にさせられた。いずれの短篇も実に淡々と書き綴られた文章で、それゆえにお涙頂戴的装飾の一切が存在しな 孤独と悲哀の営みに満ちた短篇集。芥川賞受賞作である表題作含む全五篇、どれも読後のやりきれなさで胸を一杯にさせられた。いずれの短篇も実に淡々と書き綴られた文章で、それゆえにお涙頂戴的装飾の一切が存在しない、まことの無情さを感じさせられる。気に入ったのは表題作と「笛壺」「父系の指」の三篇。心持重苦しくなってしまうので全篇一気に読むのはお勧めできないが、酷寒続くこの時期に読むにはちょうどいい小説だと思う。 「しかし、要するに人はこの世の現象にそれぞれ勝手な迷信をつくり、錯誤を冒しあっているのではないか」 …続きを読む
    東京湾
    2017年01月22日
    22人がナイス!しています
  • 芥川賞の表題作を含む、6つの初期短編集を収めている。「父系の指」を含む、「石の骨」「断碑」といった「学究モノ」と呼ばれる一連の作品群がおもしろかった。 前者は明石原人を発見したといわれる直良信夫、後 芥川賞の表題作を含む、6つの初期短編集を収めている。「父系の指」を含む、「石の骨」「断碑」といった「学究モノ」と呼ばれる一連の作品群がおもしろかった。 前者は明石原人を発見したといわれる直良信夫、後者はパリに留学して林芙美子と浮名を流したとされる森本六爾がモデルとなっている。 水をひっかぶったような「後味の悪さ」と、積みあげてきたものがさっぱり消失するような「無為の美しさ」。小品にも目を開くものがあり、作家としての懐の深さにあらためて驚かされた。魚の肝のような苦みを帯びた、切なく美しい短編集だ。 …続きを読む
    sashi_mono
    2019年11月23日
    8人がナイス!しています
  • 好きな題材の短編集。 なのに、読了までに時間を要したのは、一編々がやりきれないから。 解説にある、孤独の抵抗とはよく言ったもんだと。 そして、手放す事はない一冊だと思う。 好きな題材の短編集。 なのに、読了までに時間を要したのは、一編々がやりきれないから。 解説にある、孤独の抵抗とはよく言ったもんだと。 そして、手放す事はない一冊だと思う。
    あいちょ。
    2012年06月12日
    7人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品