中原中也詩集 山羊の歌

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1997年06月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041171028

中原中也詩集 山羊の歌

  • 著者 中原 中也
  • 編 佐々木 幹郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1997年06月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041171028

一九三四年に刊行された処女詩集『山羊の歌』全編と、15歳の時の合同歌集『末黒野』収録の全短歌を採録。また、同時期の詩歌の中から代表作を精選し、中原中也が詩壇に登場するまでの創作の全貌に迫る。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「中原中也詩集 山羊の歌」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 第一詩集『山羊の歌』全編を収録。他に15歳の時の短歌なども収められている。詩の中に「空」という言葉が多く出てくることに気づいた。「み空」と書かれることもある。普通の生活に適応できない中也にとって、空は 第一詩集『山羊の歌』全編を収録。他に15歳の時の短歌なども収められている。詩の中に「空」という言葉が多く出てくることに気づいた。「み空」と書かれることもある。普通の生活に適応できない中也にとって、空は救いであり、自分の故郷のようなものだったのかもしれない。一方の極からもう一方の極へ激しく揺れ動くのがこの詩人の特長で、「サーカス」のような口語調の詩の次に、端正な文語調の「春の夜」が収録されている。詩の中で時々吐露される自分の生き方を問う表現が好きで、胸の中に深く染みこんでいった。 …続きを読む
    新地学@児童書病発動中
    2016年03月07日
    131人がナイス!しています
  • 長年、詩歌との向き合い方が分からなかった。何を想い乍ら読めばよいのか…詩歌の、心の柔らかい部分を曝け出しているような無防備さに狼狽えてしまうというか、気恥ずかしいというか…。とにかく秘密を覗き見してし 長年、詩歌との向き合い方が分からなかった。何を想い乍ら読めばよいのか…詩歌の、心の柔らかい部分を曝け出しているような無防備さに狼狽えてしまうというか、気恥ずかしいというか…。とにかく秘密を覗き見してしまった後ろめたさのようなものを感じ、詩歌に触れる度に居た堪れない気持ちになっていた。そんな私の考えを変えた一編の詩との出会い。それが、中原中也の『汚れつちまつた悲しみに…』。この詩に感銘を受け考え方が変わった。が、『サーカス』の「ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん」で混濁。再び詩歌が分からなくなった思い出の一冊。 …続きを読む
    えみ
    2020年08月16日
    33人がナイス!しています
  • ゼミに中原中也で評論を書く子がいるので借りてみた。中也はダダイズムに影響を受けたのか。 「サーカス」は「ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん」で思い出した。大学1年の時に詩の研究の授業で、各自好きな詩を調べ ゼミに中原中也で評論を書く子がいるので借りてみた。中也はダダイズムに影響を受けたのか。 「サーカス」は「ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん」で思い出した。大学1年の時に詩の研究の授業で、各自好きな詩を調べてくるという課題で、この中也のサーカスにしている学生が多かった。そのブランコの擬態が面白いのでそこだけ記憶に(苦笑) 詩集を読んだら、必ずお気に入りの詩を探すのだが、未発表詩篇のほうにお気に入りができた(^-^) 良い詩は隠れているもんだ! …続きを読む
    かぢゅ
    2016年06月06日
    21人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品