銀の匙

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1989年05月11日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784041028070

銀の匙

  • 著者 中 勘助
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1989年05月11日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784041028070

虚弱で人見知りの強い、臆病な私を溺愛し育ててくれた伯母。小さな私の口に薬を含ませるため、伯母が探してきた銀の匙。私はいまも飽かず眺めていることがある――。少年の日々をリリカルに描いた自伝的小説。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「銀の匙」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 年始特有の白を溶かして澄ませた青空に、冷たさが頬を刺す凛とした空気。その中にしんと静まった声で、何処までも遠くにのびてゆく美しい言葉たち。それらすべてを掴んで留めておけないのが切ない。誰の心の中にも大 年始特有の白を溶かして澄ませた青空に、冷たさが頬を刺す凛とした空気。その中にしんと静まった声で、何処までも遠くにのびてゆく美しい言葉たち。それらすべてを掴んで留めておけないのが切ない。誰の心の中にも大切に取ってある幼年期の記憶。もう戻らない愛に包まれ安心しきった幼さ。郷愁。 世界が美しすぎて泣きたくなる。「波の音が悲しいんです」と涙をこぼす繊細な筆者にとって、戦争はどれだけ辛いものだったろう。しみじみと美しい日本の情景とことばたちが染み渡り、いつまでもいつまでも読み続けていたい。素晴らしい本です。 …続きを読む
    ちなぽむ and ぽむの助 @ 休止中
    2019年01月04日
    180人がナイス!しています
  • 夏目漱石が絶賛したという、長らく読んでみたかった本。大人の言葉で、大人向きに書いているのに関わらず、子供の視線で子供の見ている世界をリアルに描写している。しかも幼児から数え年17歳まで、自然に視点が成 夏目漱石が絶賛したという、長らく読んでみたかった本。大人の言葉で、大人向きに書いているのに関わらず、子供の視線で子供の見ている世界をリアルに描写している。しかも幼児から数え年17歳まで、自然に視点が成長している。なるほど名文‼ …続きを読む
    あきぽん
    2020年10月01日
    117人がナイス!しています
  • 幼少時は虚弱で知恵の発達も遅れ、痩せて人見知りのひどい臆病な主人公のそばにはいつも叔母さんがいた。小さな口に薬を含ませるため叔母が探してきた匙を見つけ、昔のことが思い出される。初めてのお友達のお国さん 幼少時は虚弱で知恵の発達も遅れ、痩せて人見知りのひどい臆病な主人公のそばにはいつも叔母さんがいた。小さな口に薬を含ませるため叔母が探してきた匙を見つけ、昔のことが思い出される。初めてのお友達のお国さん、ちょっぴり甘い初恋相手のお蕙ちゃん、お寺で出会った貞ちゃんなど数少ないお友達と健気に遊ぶ姿が微笑ましい。ずっと背負ってくれた叔母さんの目が不自由で老いた姿が切ない。終始静かな雰囲気に包まれた感じ。感受性が強くて、軸のブレない主人公の感じた思いが紡ぎだした言葉が豊富。表現が豊かで綺麗。教科書に掲載されてそう。 …続きを読む
    りゅう☆
    2019年10月05日
    100人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品