トピックス

細野晴臣×3つの才能がコラボした異色の短編小説集「細野晴臣 夢十夜」が2022年3月18日(金)発売決定!2021年11月10日(水)よりAmazonほか各ネット書店・全国書店で予約開始!

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:夏野剛)は、2022年3月18日(金)『細野晴臣 夢十夜』の発売を予定しております。

細野晴臣×3つの才能がコラボした異色の短編小説集
2022年3月18日(金)発売決定!2021年11月10日(水)よりAmazonほか各ネット書店・全国書店で予約開始!


2006年7月~2007年3月の間、糸井重里氏が主宰するWEBメディア「ほぼ日刊イトイ新聞」に掲載された人気連載・細野晴臣の「夢、それはドリーム 細野夢日記」。
今回、細野本人の強い希望もあり、ついに書籍化決定。

まるで“細野晴臣の脳内”を旅しているような気分にさせられる当時掲載された「タヌキの神様」「短三度の電線」「二匹の魚」「揚物合戦」「超次元セグウェイ」「2匹のアナコンダ」……などの37篇の夢。
この中から10篇の夢を元に、芥川賞作家・朝吹真理子、作家・俳優等でマルチな才能を持つリリー・フランキー、そしてYMOマニアであるナイツの塙宣之の3人の著者が短編小説化。
細野晴臣×3つの才能がコラボした異色の短編小説集。

また、当時「ほぼ日刊イトイ新聞」で連載されていた「細野晴臣 夢日記」 全37話も収録。
“細野晴臣の夢”を元に各才能がどんな“新しい夢”を紡いでいくのか楽しみにしてほしい。


Amazon予約特典

「細野晴臣 夢十夜」オリジナル・ステッカー
予約期間:2021年11月10日(水)~
※予定数量に達し次第で販売終了となりますのでご了承ください。








細野晴臣(ほその・はるおみ)

〇1947年東京生まれ。音楽家。1969年「エイプリル・フール」でデビュー。1970年「はっぴいえんど」結成。73年ソロ活動を開始、同時に「ティン・パン・アレー」としても活動。78年「イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)」を結成、歌謡界での楽曲提供を手掛けプロデューサー、レーベル主宰者としても活動。YMO散開後は、ワールドミュージック、アンビエント・ミュージックを探求、作曲・プロデュース、映画音楽など多岐にわたり活動。

細野晴臣 公式サイトURL : http://hosonoharuomi.jp
細野晴臣 公式ツイッターURL:https://twitter.com/hosonoharuomi_?s=20


朝吹真理子(あさぶき・まりこ)

〇1984年東京都生まれ。2009年、「流跡」でデビュー。2010年、同作で第20回Bunkamuraドゥマゴ文学賞を最年少受賞。2011年、「きことわ」で第144回芥川賞を受賞。近刊に小説『TIMELESS』(2018)、エッセイ集『だいちょうことばめぐり』(2021)などがある。その他の作品に、2012~14年、国東半島アートプロジェクトにて発表された飴屋法水(演出・美術)による演劇「いりくちでくち」のテキストを担当し、共同制作。


リリー・フランキー(りりー・ふらんきー)

〇1963年生まれ、福岡県出身。イラストやデザインのほか、文筆、写真、作詞・作曲、俳優など、多分野で活動。
初の長編小説「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」は06年本屋大賞を受賞、また絵本「おでんくん」はアニメ化された。
第71回カンヌ国際映画祭では、主演を務めた『万引き家族』(18/是枝裕和監督)がパルムドールを受賞。


塙 宣之(はなわ・のぶゆき)

〇1978年3月27日 生まれ。漫才コンビ・ナイツのボケ担当。2001年、土屋伸之とコンビ結成。「M-1グランプリ」決勝には‘08~‘10の3年連続進出。他、お笑いホープ大賞・NHK新人演芸大賞 演芸部門大賞(‘08)、「THE MANZAI 2011」準優勝、平成25年度文化庁芸術祭 大衆芸能部門 優秀賞受賞(2013年度)平成28年度(第67回)芸術選奨 大衆芸能部門 文部科学大臣新人賞受賞(2016年度)、第33回浅草芸能大賞 奨励賞 受賞(2016年度)など数々の受賞歴を持つ。


書誌情報




『細野晴臣 夢十夜』
著者:朝吹真理子/リリー・フランキー/塙 宣之(ナイツ)
価 格:定価2,200円(本体:2,000円)
発売日:2022年3月18日(金)
仕 様:四六判・並製・256頁予定
発 行:株式会社KADOKAWA


細野晴臣デビュー50周年記念展「細野観光 1969 - 2021」 開催

公開日時:2021年11月12日(金) ~ 2021年12月7日(火)
会場:グランフロント大阪 北館 ナレッジキャピタル イベントラボ



2019年に音楽活動開始から50周年を迎えた日本音楽界の至宝・細野晴臣。そんな細野晴臣のデビュー50周年を記念して2019年に東京・六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー・スカイギャラリーで開催された「細野観光1969 – 2019」が、「細野観光1969 - 2021」として2021年11月12日より、グランフロント大阪 北館 ナレッジキャピタル イベントラボにて再び開催されることが決定!「細野観光1969 – 2021」は、細野晴臣がデビューした1969年から、2021年までの50数年の軌跡を、「情景の音楽」「楽園の音楽、「東京の音楽」「彼岸の音楽」「記憶の音楽」という5つの年代から巡るビジュアル年表を中心に、音楽、写真、映像、ギター・世界各地の楽器コレクション、音楽ノート、ブックコレクション(細野文庫)などを通じて、来場者が体験する展覧会となっている。


ライブ・ドキュメンタリー映画 『SAYONARA AMERICA』

11月12日(金)より全国順次公開
シネスイッチ銀座、シネクイント、大阪ステーションシティシネマ他にて全国順次公開

幸福感と高揚感に満ちた細野晴臣のライブ・ドキュメンタリー完成! 2019年、細野晴臣にとって初のアメリカでのソロライブがニューヨークとロサンゼルスで開催された。それから2年、突然現れたウィルスにより世界は一変、それまで普通だったことが、普通でなくなった。そんな自由が制限された世界だからこそ、“マスクがなかった世界を偲んで”、2019年アメリカ、ニューヨークとロサンゼルスで開催された“集大成”となるライブを記録する、幸福感と高揚感に満ちたライブ・ドキュメンタリーが完成。アメリカの舞台で軽やかに、自由に、ギターを奏で、歌う細野晴臣、今何を思い、語るのか。細野晴臣の17曲を記録するライブ・ドキュメンタリー映画。

【楽曲リスト】「住所不定無職定収入」「Sports Men」「Body Snatchers」を含む全17曲。


ライブ・ドキュメンタリー映画のテーマ曲としてはっぴいえんどの名曲「さよならアメリカ  さよならニッポン」をセルフカバー!音楽配信サービスにて配信中!

11月12日に劇場公開されるライブ・ドキュメンタリー映画『SAYONARA AMERICA』のテーマ曲として細野晴臣が、はっぴいえんどの「さよならアメリカ さよならニッポン」をセルフカバー!

「さよならアメリカ さよならニッポン」は1973年に発表され、はっぴいえんどのスタジオアルバムとしてラストアルバムとなった『HAPPY END』の最終収録曲であり、当時シングルとしても発売されたはっぴいえんどの代表曲のひとつとして語り継がれている名曲。この度、オリジナル楽曲の発表から48年の歳月を経て「Sayonara America,Sayonara Nippon」として、細野自らの手によって、新たに録り下された。映画をお待ちかねの皆様のみならず、すべての細野さん・はっぴいえんどのファンの皆様、48年の時を経て生まれ変わった名曲にご期待ください!