トピックス

〈児童文庫シェアNo.1レーベル〉角川つばさ文庫が贈る、この夏、読書感想文にオススメの作品!

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:夏野剛)は、児童文庫レーベル「角川つばさ文庫」より2021年7月14日(水)に『今泉先生のゆかいな動物日記』と『難民選手団 オリンピックを目指した7人のストーリー』を刊行いたしました。どちらもこの夏、読書感想文にピッタリの作品です。


■おすすめ本1
『ざんねんないきもの事典』シリーズ(高橋書店)の監修でおなじみ! 動物学者・今泉先生の動物調査エピソードをあつめたノンフィクション『今泉先生のゆかいな動物日記』



大ベストセラー『ざんねんないきもの事典』シリーズ(高橋書店)の監修をつとめ、子どもたちからも絶大な支持をうける動物学者の今泉忠明先生。そんな今泉先生が調査を行うなかで出会ったさまざまな動物たちとのトホホで楽しいエピソードをたっぷりと収録。小説もビックリ!な、おどろきの実話を物語形式で楽しめます!

1話5分! 朝読書や休み時間、電車通学中などのスキマ時間にも読める!
全7章30話の短いエピソードを収録!
夏休みの読書感想文にはもちろん、学校の朝読書の時間や、休み時間、電車での通学中などで手軽に楽しむことができる一冊です!


あらすじ

動物学者・今泉先生と動物たちのトホホでたのしいホントの話がもりだくさん!
動物学者ってどんなお仕事か知っていますか?
エサのミノムシ採集や、ヤマネコのウンチ集めに走り回る毎日。
研究に出かければ、ジリスに弁当をうばわれ、テントの外にはまさかの……クマ!?
失敗だらけでトホホ。だけどとっても楽しい今泉先生の動物調査!
小説よりもすごい、ホントの話。みなさんにこっそり教えちゃいます……!


プロフィール

【作】今泉忠明
1944 年東京都生まれ。哺乳類を主とする分類学、生態学を専門とする動物学者。上野動物園動物解説員、ねこの博物館館長、日本動物科学研究所長などを歴任。動物関連の著書を多数もつほか、『ざんねんないきもの事典』シリーズ(高橋書店)をはじめ、多くの動物本の監修を手がけている。

【絵】きっか
奈良県出身。イラストレーター・マンガ家として活躍中。著書に『動物園でもふもふお世話中!』(KADOKAWA)、『亀が無理してロードバイク乗ってみた』(学研プラス)、『しょぼにゃん』(少年画報社)など。


作品概要

【書名】今泉先生のゆかいな動物日記
【判型】新書版
【ページ数】214ページ
【定価】792円(本体720円+税)
【ISBN】9784046320957
【発売日】2021年7月14日
【発行】株式会社KADOKAWA
※対象 小学校中学年から


■おすすめ本2
東京2020オリンピック出場選手のお話も! 「今、読みたい」ノンフィクション『難民選手団 オリンピックを目指した7人のストーリー』



来る東京2020オリンピックに出場が決まっている選手のお話をはじめ、7人のリオデジャネイロ・オリンピック出場選手の生の声を掲載。オリンピックを観戦しながら、世界の難民たちに思いをはせてみませんか?

地図や写真がもりだくさん! 読書感想文だけでなく、自由研究にもオススメです!
各選手の写真や、出身国や滞在国の地図をもれなく掲載。世界のどこで生まれ、どこに避難したのか、視覚的にもわかりやすくまとまっています。
夏休みの読書感想文はもちろんのこと、世界情勢の調べ学習・自由研究への活用にもオススメです!


あらすじ

困難をのりこえ、希望をつかんだ、オリンピック出場選手の感動の実話!
「難民」という言葉を知っていますか?
紛争や戦争がおきて、自分が生まれ育った国から、逃げざるをえなくなった人たちのことをいいます。
ゴムボートで海をわたったり、爆撃から逃れたり……。でも、悲しみにくれるだけでなく、力強く多くの困難をのりこえ、オリンピックに出場し、世界中に希望をあたえた難民アスリートたちがいます!
彼らはなぜ、難民になったのでしょう? どうやってオリンピック選手になったのでしょう?
読めばきっと勇気がもらえる、“本当にあった”物語。


プロフィール

【作】杉田七重
東京都生まれ。東京学芸大学教育学部卒業。児童書、YA文学、一般書など、フィクションを中心に幅広く活動。

【監修】国連UNHCR協会
UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)は1950年に設立された国連の難民支援機関。紛争や迫害により故郷を追われた難民・避難民を国際的に保護・支援し、難民問題の解決に対して働きかけている。1954年と1981年にノーベル平和賞を受賞。スイス・ジュネーブに本部を置き、世界約130か国で援助活動を行う。この難民支援活動を支えるため、広報・募金活動を行う日本の公式支援窓口が、国連UNHCR協会。

【絵】ちーこ
千葉県在住のイラストレーター、デザイナー。主な作品に『天気の子』『君の名は。』『星を追う子ども』『ほしのこえ』『世界を動かすことば 世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ』『この船、地獄行き』『トム・ソーヤの冒険』(すべて角川つばさ文庫刊)など。


作品概要

【書名】難民選手団 オリンピックを目指した7人のストーリー
【判型】新書版
【ページ数】150ページ
【定価】792円(本体720円+税)
【ISBN】9784046320117
【発売日】2021年7月14日
【発行】株式会社KADOKAWA
※対象 小学校中学年から


■レーベル情報



角川つばさ文庫は、KADOKAWAが 2009年3月に創刊した小学生を読者対象として児童文庫レーベル。「親が読ませたい」作品であることはもちろん、「子供が読みたい」と思える作品を念頭に、健全で子供の成長における一翼を担う作品づくりを目標としています。古典的な名作をはじめ、オリジナルシリーズ、ベストセラー、ノンフィクション、メディアミックス等、幅広いジャンルで展開。2012年度以降、児童文庫売り上げシェア第1位と広く子供たちに愛されているレーベルです。

角川つばさ文庫公式サイト:https://tsubasabunko.jp/

KADOKAWA 2020特設サイト:https://2020.kadokawa.co.jp/