トピックス

斉藤壮馬によるスペシャルPV公開中!第27回電撃小説大賞《メディアワークス文庫賞》受賞作『君と、眠らないまま夢をみる』が本日発売!

 株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)は、応募総数4,355作品の中から選ばれた、第27回電撃小説大賞《メディアワークス文庫賞》受賞作『君と、眠らないまま夢をみる』(著/遠野海人 イラスト/あんよ)を、メディアワークス文庫より4月24日(土)に発売いたします。



 「電撃小説大賞」とは、KADOKAWAが次代を創造するエンターテイナーの発掘・育成を目的に主催する「電撃大賞」の小説部門のことで、第27回は4,355作品もの応募が寄せられました。これまでの電撃小説大賞受賞作には、大ヒット作『君は月夜に光り輝く』、『ちょっと今から仕事やめてくる』(ともにメディアワークス文庫刊)があります。
 本作は、喧嘩別れをしたまま死んでしまった親友・恭介に対して後悔を抱える智成とその妹・優子が恭介の残した36時間もの壮大な合奏曲を演奏するため、それぞれの思いを胸に前へ進もうとする。
「さよなら」ができない、すべての人に届けたい感動の青春小説です。

発売を記念して、ナレーションを斉藤壮馬さんにご担当いただいたスペシャルPVを公開中です。


斉藤壮馬によるスぺシャルPV公開中!!


[動画: https://www.youtube.com/watch?v=0HpxkbuHpI4 ]



斉藤壮馬が熱演!『君と、眠らないまま夢をみる』(メディアワークス文庫)PV:https://youtu.be/0HpxkbuHpI4


予想をこえる感動に大絶賛の嵐––––!


死者との合奏が失われたものを癒していく––––
主人公たちの幸福を願わずにはいられない、愛おしい物語でした。
––––三上 延(作家/電撃大賞最終選考委員)

一つの奇想を巡って京都で繰り広げられる喪失と再生の青春譚。
これは小説でしか表現出来ない音楽だ、と思いました。
最後の別れはとても眩しくて、キラキラと輝いていました。
–––– 佐野徹夜(作家)


書籍情報






『君と、眠らないまま夢をみる』
【著者】遠野海人
【イラスト】あんよ
【発売日】2021年4月24日
【定価】693円(本体630円+税)
【あらすじ】高校生になった智成の日常は少し変わっている。死者が見えるのだ。吹奏楽をやめ、早朝バイトをする智成は、夜明けには消えてしまう彼らとの、この静かな時間が好きだった。
だが、親友の妹・優子との突然の再会がすべてを変える。
「文化祭で兄の遺作を演奏する手伝いをしてくれませんか」手渡されたそれは、36時間もある壮大な合奏曲で––––。
兄を失った優子。家族と別れられない死者。後悔を抱える智成。凍り付いていたそれぞれの時間が、一つの演奏に向かって、今動きはじめる。


関連情報

■第27回電撃小説大賞 受賞作特設サイト:http://dengekitaisho.jp/special/27/
■『君と、眠らないまま夢をみる』特設ページ:https://mwbunko.com/special/kiminemu/
■メディアワークス文庫公式サイト:https://mwbunko.com/
■メディアワークス文庫公式Twitter:https://twitter.com/mwbunko