トピックス

60歳の誕生日、PCR検査、音楽ライブ配信、ワクチン接種、そして引越し…。コロナ禍の NY での日々と音楽について大江千里の人気エッセイ!

『マンハッタンに陽はまた昇る 60歳から始まる青春グラフィティ』2021年3月31日(水)発売

株式会社KADOKAWAは、日本のポップミュージシャンのキャリアにとどまらず、NYで起業したミュージシャン兼CEO、大江千里の音楽暮らしを綴ったエッセイ第3弾となる『マンハッタンに陽はまた昇る 60歳から始まる青春グラフィティ』(著:大江千里)を2021年3月31日(水)に発売いたします。



本書では、47歳で愛犬「ぴ」と渡米し、JAZZ専門大学ニュースクールに留学し、大学卒業と同時に52歳でNYで起業したミュージシャン兼CEO、大江千里のコロナ禍におけるNYの日々をリアルにつづった1冊となっています。


60歳の誕生日、PCR検査、音楽ライブ配信、ワクチン接種、そして引越し…

2018年ポップス時代の楽曲を新しくジャズアレンジしたアルバム 『Boys&Girls』を、そして2019年には満を持してジャズトリオ(アリ・ホーニグ、マット・クロージー参加)でのアルバム『Hmmm』をリリース。
才能ある音楽仲間と出会い、ビジネスでも力強いサポーターを得て、音楽家として社長として精力的に活動を続けていたが、2020年、世界中をパンデミックが襲う。2月、ジャパンツアーを切り上げて緊急帰国するが音楽活動そのものが中止や転換を余儀なくされた。

世界が大転換期を迎える中、新しいジャズは生まれる

2020年2月予定していたツアーを切り上げて、アメリカに帰国し直面した「ウィズコロナ」の現実。エンターテインメント関係の人たちが職を失い、街からも人がいなくなり、これまでの日常が変化し世界が大転換期を迎える中、それでも新しいジャズは生まれる。大江千里が「ウィズコロナ」にトライする日々をリアルに綴った1冊。


目次(抜粋)

【プロローグ】 還暦の僕からあの頃の「君」へ贈る言葉
◆Chapter1 Pop Meets Jazz
夢の数だけ/乙女座の人/きみの友だち/ぴが遠くであくびする/リインカネーション/エメラルドの風の中/我が心のジョージア他
◆Chapter2 Becoming a Real Trio
夢にも思いはしなかった/テキーラモッキンバード/神様だって踊ってる/出歩くのはもうやめて/バードランドの夜は更けて/ウイルスを持っているでしょ?他
◆Chapter3 Hello!New World
今世界で起きていること/命さえあれば/コロナレッスン/僕のジャスには歌詞がある/抗体検査を受けてきた/歓喜/ニューヨークの夜明け。ワクチン接種始まる他
【エピローグ】 空の頂に、小さな星が昇る


著者プロフィール

大江千里(ジャズピアニスト、コンポーザー)

1960年生まれ。関西学院大学在学中に『ワラビーぬぎすてて』でデビュー。
『格好悪いふられ方』『Rain』などヒット曲多数。2008年に渡米。The New School for Jazz and Contemporary Musicに入学し、ジャズを学ぶ。2012年、卒業と同時に自身が設立したPND Records & Music Publishingからアルバム『Boys Mature Slow』『Hmmm』などをリリース。ブルックリン在住。
今書は『9番目の音を探して 47歳からのニューヨークジャズ留学』(2015年)、『ブルックリンでジャズを耕す 52歳から始めるひとりビジネス』(2018年)に続く、エッセイ第3弾。


【書誌情報】





タイトル : マンハッタンに陽はまた昇る 60歳から始まる青春グラフィティ
著者 :大江千里
発売日 : 2021年3月31日
体裁 : 四六判
定価 : 1,980円(税込)
https://www.kadokawa.co.jp/product/322008000049/