トピックス

副業で1.7億円! 給与収入から抜け出す3つの人生戦略を伝授! 『ニューノーマル時代の自分で稼ぐ力』刊行

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、 代表取締役社長:松原眞樹)は、『ニューノーマル時代の自分で稼ぐ力』(著:もふ社長@もふもふ不動産)を2021年2月10日に刊行いたしました。



副業で1.7億円を稼いだ著者が給与収入から抜け出す3つの人生戦略を伝授!

稼ぐためのスキルそのものは会社員としての仕事とさほど変わりません。思考のフックさえ掛けかえれば、稼げる力は急激に加速します。
組織に所属して給与を得る時代から、「個」で稼ぐ時代へと刻々と流れています。「会社からお金をもらう」から、「自分で稼ぐ」力をつければ、思い通りの人生を歩めます。

◆ステップ1  稼ぐ脳に書き換える
◆ステップ2  労働収入から資産収入に変える
◆ステップ3  実際に稼ぐための戦術を立てる






書誌情報

『ニューノーマル時代の自分で稼ぐ力』
著:もふ社長@もふもふ不動産

定価(本体1,500円+税)
四六判、272ページ
ISBN:978-4-04-605076-2
発売日:2021年2月10日
発行:株式会社KADOKAWA

KADOKAWAオフィシャルサイト書誌詳細ページ
https://www.kadokawa.co.jp/product/322009000297/


著者:もふ社長@もふもふ不動産(もふしゃちょう@もふもふふどうさん)

・大学卒業後、大企業の研究開発の会社に就職していた時、リーマンショックを経験。
・右肩上がりの年収が初めて下がり、この経験で危機を感じ、不動産投資を始める。
・月の残業80時間を超える激務の会社員をやりながらでも、効率的に物件を見つけて満室で運営できるコツを習得し、1億円を稼ぐ。

勉強し運用することで会社員でも十分に運営することは可能だと証明し、不動産投資が軌道に乗り始めた2019年に16年勤務していた会社を退職。現在は、SNSにそのノウハウを発信しています。