トピックス

大宅賞『八九六四』著者最新作! 国からは高度と見られていない圧倒的多数(外国人労働者)の人々。絶対的な弱者でも敵でもない、彼らの「現実」に迫るディープルポ!!

彼ら(逃亡技能実習生)は自らをボドイ(兵士)といった。

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、 代表取締役社長:松原眞樹)は安田峰俊『「低度」外国人材 移民焼き畑国家、日本』を2021年3月2日に刊行いたします。




「ルームメイトは逃亡しました」
紋切り型報道では描かれない外国人世界。

「低度」外国人材=「(年齢は若いかもしれないが)学歴・年収が低く、日本語はろくに喋れず専門知識もない、非熟練労働に従事している」人たち。

日本政府をはじめ、公的機関が使用している言葉、「高度外国人材」。ならば、国の定義とは真逆の人材も存在する。そして、日本社会はそのような「『低度』外国人材」にこそ強く依存しており、彼らを必要としているのが実態だ。既に稼げない日本に見切りをつける中国人は多く、在日外国人問題の主役はベトナム人に移行している。
彼らは紋切り型報道で描かれるような絶対的な弱者でもなく、敵でもない。

第50回大宅壮一ノンフィクション賞、第5回城山三郎賞をダブル受賞した『八九六四 「天安門事件」は再び起きるか』著者が、3年に亘り中国、ベトナム、日本各地を回り、紋切り型報道では決して描かれない彼らの“生身の姿”に迫ったディープルポ!

──われわれは記号としての弱者や敵を想定していたのに、いたのは人間だった。

【目次】
はじめに
第一章 コロナ、タリバン、群馬県――隣人は平和な「イスラム原理主義者」
第二章 「兵士」たちの逃亡と犯罪――主役は中国人からベトナム人へ
第三章 頼りなき弱者――ベトナム「送り出し」業者に突撃してみれば
第四章 「低度」人材の村――ウソと搾取の「破綻した制度」
第五章 「現代の奴隷」になれない中国人――稼げない日本に見切りをつけるとき
第六章 高度人材、低度人材――「日本語だけは上手い」元技能実習生
第七章 「群馬の兄貴」の罪と罰――北関東家畜窃盗疑惑の黒い霧
おわりに
主要参考文献一覧






【書籍情報】
書名:「低度」外国人材 移民焼き畑国家、日本
著者:安田峰俊
定価:1,980円(本体1,800円+税)
発売日:2021年3月2日
判型:四六判
商品形態:単行本
ページ数:264頁
ISBN:978-4-04-106968-4
発行:株式会社KADOKAWA

https://www.kadokawa.co.jp/product/321802000135


安田峰俊(やすだ・みねとし)
1982年滋賀県生まれ。ルポライター。立命館大学人文科学研究所客員協力研究員。立命館大学文学部東洋史学専攻卒業後、広島大学大学院文学研究科博士前期課程修了。2018年に『八九六四「天安門事件」は再び起きるか』で第5回城山三郎賞、19年に第50回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。他著に『和僑 農民、やくざ、風俗嬢。中国の夕闇に住む日本人』『移民棄民遺民 国と国の境界線に立つ人々』(角川文庫)、『さいはての中国』(小学館新書)、『現代中国の秘密結社』(中公新書ラクレ)など。