トピックス

TV出演多数の現役東大生、鈴木光さん推薦! 角川まんが学習シリーズ『世界の歴史』2021年2月25日発売!




株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区富士見、代表取締役社長:松原眞樹)は、角川まんが学習シリーズ『世界の歴史』(全20巻)を2021年2月25日に刊行いたします。
2015年6月に刊行された角川まんが学習シリーズ『日本の歴史』は、4年連続で紀伊國屋書店の売上1位(※)を獲得、累計部数600万部を突破する大人気シリーズとなりました。
(※紀伊國屋書店チェーン「学習まんが日本の歴史」ジャンル 2016/1~2019/12)

そしてこのたび、多くの読者の皆様、書店様からの熱いご要望にお応えして、角川まんが学習シリーズ『世界の歴史』の刊行を決定いたしました。
本書の監修は東京大学・羽田正名誉教授。全20巻を年代で区切り、同時代に世界各地で起きたことを多角的に語る「グローバル・ヒストリー」という最先端の手法で、その時代に何が起こったのかを、分かりやすく伝えます。

そして、本シリーズの刊行にあたり、TV出演多数の現役東大生、鈴木光さんに推薦コメントをいただきました。



私が受験生時代に重視していた「地域同士のつながり」がまんがでスッキリ理解でき、
歴史の全体図が自然に身につきます!
――鈴木光さん

本シリーズは2020年度からの新学習指導要領にも対応。
2022年より導入される高校の新必修科目「歴史総合」を見据え、近現代史を重視。近現代史で11冊となり、全20巻のうち5割以上のボリュームを占めています。
全20巻すべてのカバーイラストを手がけるのは、スタジオジブリの近藤勝也(こんどう・かつや)さん 。美麗なカバーイラストを見ているだけで、その時代の空気感やドラマがありありと伝わってきます。現代の子供たちに訴求するビジュアル、そして圧倒的におもしろいまんが内容にご期待ください。





「角川まんが学習シリーズ『世界の歴史』」3つのポイント !

1.さらに進化した「東大流」! 歴史の「横のつながり」をつかむ工夫が満載
角川まんが学習シリーズ『日本の歴史』で支持された「東大流」を『世界の歴史』でも採用。東大の入試問題や実際の歴史研究の場で重視されているのは「歴史の大きな流れをつかむ」こと。本シリーズはそれに加えて、歴史の「横のつながり」を分かりやすく伝えることに主眼を置いて作られています。
たとえば、特定の年代で世界を「輪切り」にして1枚のイラストで表現した「パノラマ世界地図」を全巻に収録しています。
世界を「輪切り」にしてみると、その年代に各地でどんなことが起こっていたのか、その特徴が見えてきます。歴史の「横のつながり」をざっくりつかむことができると、より深く歴史を理解できます。もちろん内容には最新の研究成果を反映しています。



2.まんが4160ページの最大ボリューム! いちばん詳しい『世界の歴史』!
角川まんが学習シリーズ『世界の歴史』は、圧倒的な大ボリュームの4480ページ(うちまんが4160ページ)! 他社シリーズの1.5倍以上というページ数で、これまではあまり扱われなかった地域のことも、まんがで楽しく読めます。
判型は『日本の歴史』で親からも子供からも支持された軽くて持ち運びやすいコンパクトな四六判ソフトカバー。「外に持って行きやすい」という小・中・高生の意見と「収納しやすい」という親のニーズにおこたえ! 従来の定番サイズ「菊判ハードカバー」に比べて判型は小さいけれど、中身はボリュームたっぷり!



3 .新型コロナウイルス感染症、BLMの話題まで収録! どこよりも最新の『世界の歴史』!
今、世界は歴史的ともいえる大きな転換期を迎えています。本シリーズではまさに私たちがリアルに生きている「今」の時代を多角的に捉えてまんが本編や記事に反映。第20巻では、世界的な大流行となった新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の話題や、黒人差別反対運動「Black Lives Matter(BLM)」も掲載。どこよりも最新の情報を漏らさずきっちり収録しています。

【監修者のことば】
現代世界で起きるさまざまな出来事は、地域や国という空間を越えて密接に関連し合っています。グローバル化が進む現代では、世界をいくつかの地域や国に分けて語る「縦の世界史」に加えて、これらの地域や国の政治・経済・文化などのつながりや関係に注目する「横の世界史」の重要性が増しています。これこそが世界史教育の最先端「グローバル・ヒストリー」という歴史理解の方法です。
この角川まんが学習シリーズ『世界の歴史』は、人類の誕生から現代までの世界の歩みを20巻に分け、各巻ごとに、「縦の世界史」と「横の世界史」を組み合わせた一枚の織物の図柄が浮かび上がるように工夫しました。これはこれからの歴史学習の方向性を先取りした新しい試みです。現代を生きる皆さんには、世界という枠組みでものを考え、行動することが求められています。このシリーズで学ぶ世界史は決して外国の歴史の寄せ集めではありません。それは「つながる世界」という未来への扉を開く鍵となる、皆さん自身の歴史なのです。


【監修者プロフィール】
羽田正(はねだ まさし):1953年生まれ。東京大学名誉教授。専門は世界史。現在は、東京大学大学執行役・副学長を務める。従来のヨーロッパを中心とした世界史像からの脱却をめざし、国民国家やヨーロッパ対アジアという構図にとらわれない新しい世界史=「グローバル・ヒストリー」の方法による世界史理解を提唱し、各国の歴史学者との共同研究にとりくんでいる。著書に『新しい世界史へ』(岩波新書、2011年)、『輪切りで見える!パノラマ世界史』1~5(大月書店、2016年)、『グローバル化と世界史』(東京大学出版会、2018年)など多数。

【角川まんが学習シリーズ 『世界の歴史』概要】



・名称:角川まんが学習シリーズ 世界の歴史(かどかわまんががくしゅうしりーず せかいのれきし)
・刊行予定日:2021年2月25日
・発行、発売:株式会社KADOKAWA
・刊行巻数:全20巻
・監修:羽田正
・カバーイラスト:近藤勝也(スタジオジブリ)
・対象学年:小・中・高校生~
・新学習指導要領対応
・仕様:四六判ソフトカバー・総ルビ
・予定頁数:各巻224頁(資料13ページ、カラーまんが21ページ、モノクロまんが187ページ)
・定価:各巻本体950円+税  全20巻セット:本体19,000円+税
・全20巻セット 初回限定特典:大航海時代の羅針盤をモチーフにした懐中コンパス
・公式サイト:https://mangagakushu.kadokawa.co.jp/news/sekainorekishi/

【鈴木 光さんプロフィール】
東京大学法学部4年生在学中。1998年東京都生まれ。2014年、松本清張記念館中高生読書感想文コンクールで優秀賞受賞。2015年、アジア太平洋青少年リーダーズサミット参加、Stanford e-Japan プログラムで最優秀賞受賞。2017年、国立筑波大学附属高校を卒業し、東京大学文科一類に現役合格。同年5月瀧本ゼミに所属。同年11月からTBS系『東大王』にレギュラー出演中。『東大王』『プレバト!!』等多数の番組に出演。2019年司法試験予備試験合格。