トピックス

KADOKAWAタイBL始動!!人気ドラマ原作を翻訳出版。

公式Twitter(@KadoThaiBL)もスタート!

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、 代表取締役社長:松原眞樹)は、海外連結子会社であるKADOKAWA AMARIN COMPANY LIMITED(タイ バンコク、Managing Director:岩崎太郎)を通じて翻訳出版権を取得した、話題のタイBLドラマ原作、「Manner of Death」「SOTUS」「The Red Thread」(ドラマ「Until We Meet Again」原作)「A Tale of Thousand Stars」4作品の日本語訳版小説やコミカライズ版を2021年1月より続々と発売します。
また、本日11月18日(水)よりタイBL情報を発信する公式Twitterアカウントも開始しました。




2020年、突如巻き起こったタイBLブーム。2016年のドラマ「SOTUS」(GMMTV制作)がYouTubeを通じて世界で視聴され、今年の3月頃からSNSを通じて話題となり、日本でも一気に人気が高まりました。
そこでKADOKAWAでは、人気ドラマと、これから放送予定のドラマ原作の日本語訳版小説、原作準拠のコミカライズの発売を決定しました。
その第1弾として、11月より動画配信サービスWeTVにて人気俳優主演でドラマ配信予定の「Manner of Death」の原作日本語訳版小説、いまなおファンを広げ続ける人気作「SOTUS」のコミカライズを来春より行います。情報解禁とともに、「SOTUS」日本語版コミカライズ作画者・慧によるメイン二人のキャラクターデザインも発表します。ほか、順次作品を刊行予定です。
公式Twitterも開始(@KadoThaiBL/https://twitter.com/KadoThaiBL)。タイBL刊行物に関する情報をスピーディーに発信します。

●「Manner of Death」(原作:Sammon)
日本語訳版原作小説:2021年1月20日(水)発売予定
詳細ページ:https://www.kadokawa.co.jp/product/322007000492/
コミカライズ:単話配信にて来春連載開始予定
作画/梅本ゆかり(Twitterアカウント @umemoto_ykr)

● 「SOTUS」(原作:BitterSweet)
コミカライズ:WEB雑誌「電子版CIEL」にて来春連載開始予定
作画/慧(Twitterアカウント @kouryuseki_kei)

●「The Red Thread」(原作:LazySheep)※ドラマ「Until We Meet Again」原作
日本語訳版原作小説:来春発売予定
コミカライズ:WEB雑誌「電子版CIEL」にて連載開始予定

●「A Tale of Thousand Stars」(著:Bacteria)
日本語訳版原作小説:来春発売予定


KADOKAWAタイBL刊行第1弾! 「Manner of Death」について




(あらすじ)
優秀な監察医のバンは、自殺と思われる女性の遺体を検視し、他殺と結論づける。しかしその晩、見知らぬ襲撃者に、報告書を自殺と書くよう脅され、それを相談した検察官の親友が失踪。第一発見者の青年で塾講師のテーンを疑うが、彼は一緒に犯人を捜すと言ってきて……。
タイで大人気の俳優、MaxTul主演ドラマ原作、タイ発の法医学BL日本語訳版!

◆書誌情報
・「Manner of Death」
著者:Sammon
訳者:南 知沙
発売:2021年1月20日(水)※電子書籍同日配信予定
定価:本体1,700円+税
体裁:四六判並製 単行本
頁数:408頁
ISBN:978-404-110844-4
発行:株式会社KADOKAWA
詳細ページ:https://www.kadokawa.co.jp/product/322007000492/


初公開!「SOTUS」コミカライズ/キャラクターデザイン









KADOKAWA AMARIN COMPANY LIMITED とは

当社の100%連結子会社であるKADOKAWA HOLDINGS ASIA Ltdが出資するタイの現地法人です。電子書籍やEC等のデジタル分野に強みを持つ出版社であり、日本をはじめ各国のACGコンテンツをタイ語に翻訳しタイ市場へ展開しています。
当社のコンテンツを活用し、マンガ・ライトノベル等のタイ市場での本格展開、電子書籍プラットフォーム整備等を目的に、2016年にタイ最大の総合出版社Amarinとの合弁会社として設立しました。今回のタイBLコンテンツ事業では現地著作権者の窓口となるエージェントとしてKADOKAWAのサポートを行い、またコミカライズ作品のタイにおける出版も予定して事業展開いたします。