トピックス

「小説 野性時代」12月号発売! 第11回 山田風太郎賞特集! 選評や受賞記念エッセイ、歴代受賞者の豪華読み切りも。早見和真、椰月美智子の新連載もスタートした、今もっとも勢いのある小説を集めた文芸誌!

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)は月刊文芸小説誌『小説 野性時代』2020年12月号(No.205)を2020年11月11日(水)より発売いたしました。




◆ニュース

1. 【特集】発表 第11回 山田風太郎賞
受賞作 今村翔吾『じんかん』
選評 奥泉 光/恩田 陸/貴志祐介/筒井康隆/林 真理子/夢枕 獏
受賞記念エッセイ「風太郎と見る夜景」

歴代受賞者競作/短篇特集
窪 美澄「パイプを持つ少年」
佐藤正午「ゆかり」
真藤順丈「キングタイド/王立遊園地のスリラー」
月村了衛「謎の女中お眠さん」
重松 清「コスモス」
岩井圭也「遺された痕」


2. 【新連載】待望の長編連載がスタート!
〇早見和真「八月の母」
八月は母の匂いがする。あの日、あの場所で何があったのか。
瀬戸内の海辺の町で生きる人間たちの、狂おしいほどの欲望と嫉妬が絡み合う!
※11月25日頃よりKADOKAWA文芸WEBマガジン「カドブン」にて本作の分割掲載を予定しています。


3. 【新連載】男女それぞれの価値観を問う、著者渾身のアナザーワールドストーリー
〇椰月美智子「ミラーワールド」
男は男らしく、子育てに励み家事をする。女は女らしく、家族のために仕事に励む――。
※11月25日頃よりKADOKAWA文芸WEBマガジン「カドブン」にて本作の分割掲載を予定しています。


4. 「小説 野性時代」に電子版が登場!
これまで紙版のみでの刊行を続けてきた「小説 野性時代」ですが、12月号より電子版の併売が決定しました。毎月25日配信の予定です。
電子書籍の発売日にあわせ、KADOKAWA文芸WEBマガジン「カドブン」では新連載の分割掲載も計画中なのでお楽しみに!


◆おすすめ連載

〇黒木 亮「カラ売り屋vs電気自動車の風雲児」(最終回)
マーズ社の株価を注視してきた北川たちの決断は――。波乱と驚きの最終回!

〇桜木紫乃「俺と師匠とブルーボーイとストリッパー」(最終回)
タレント3人と、章介。4人が釧路を旅立つ日がついに近づき――。

〇知念実希人「傷痕のメッセージ」(最終回)
紫織が聞き取った千早の父・穣のメッセージとは。驚愕の真実が胸を衝く!


『小説 野性時代 第205号 2020年12月号』
定価: 880円(本体800円+税)
発売日:2020年11月11日
https://www.kadokawa.co.jp/product/322002000130/