トピックス

迷路や探し絵がいっぱい! 『冒険!発見!大迷路』の著者・原 裕朗&バースデイによる待望の新シリーズ『ハリーとケントはなぞときポリス ハリせんぼん ぶちこみますよ!』本日発売!

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)は、『冒険!発見!大迷路』の著者・原 裕朗&バースデイによる待望の新シリーズ『ハリーとケントはなぞときポリス ハリせんぼん ぶちこみますよ!』を2020年10月23日(金)に発売しました。


本作は、丁寧で細やかな迷路や探し絵を得意とする絵本作家・クリエイターである原裕朗氏による謎解き絵本です。凄腕警察官、ハリネズミのハリーとコアラのケントのコンビが事件を追うストーリーに子どもが大好きな迷路、さがし絵、パズルがふんだんに盛り込まれています。


原裕朗氏コメント

『大迷路』16作目の『魔法の王国』の制作が終わったあと、なにかちょっとこれまでと違ったことをやりたいな、と思い、読者が主人公になる『大迷路』シリーズから一転して、ハリーとケントという主人公を設定した本を作りました。探し絵や迷路という遊び要素を、推理や捜査、冒険という物語要素に結び付け、それらが説明っぽくならないように気を使っています。
ハリーとケントが様々なロケーションで活躍するので、そんな冒険をいっしょに楽しんでくれたらうれしいです。いろんなおまけ要素も詰め込んでいるので、ぜひ犯人逮捕に挑戦してほしいと思います。

インタビューをヨメルバで公開中!!
https://yomeruba.com/news/entry-10950.html


内容紹介

ハリネズミのハリーとコアラのケントは、ニューコークシティを守る凄腕警察官。街のみんなには愛され、一方わるものたちには「ニューコークシティのハリケーンポリス」と恐れられています。

ある日、ハリケーンごうに乗って街をパトロールしていると、ゴリラのゴリゴリしょちょうから突然連絡が!?

「9ばんがいのマニーぎんこうがおそわれた!」


残された手掛かりは、大柄な5人のシスター、そして5つの風船……。ニューコークの街を巡りながら、迷路や探し絵、パズルを解いて、少しずつ犯人に近づいていく2人。



現場からこつぜんと姿を消してしまった犯人をハリーとケントは捕まえることが出来るのか? 今日もハリーの明晰な頭脳と、ケントのコアラン流拳法が冴えわたる!

●人気絵本サイト「絵本ナビ」にて“全ページためしよみ”ができます!
http://www.ehonnavi.net/ehon00.asp?no=155161
※1回のみ。 要メンバー登録。 ※スマートフォン・タブレットで利用できます。


著者プロフィール

原 裕朗&バースデイ:丁寧で細やかな迷路や探し絵を得意とする絵本作家・クリエイター。『冒険!発見!大迷路』シリーズ(ポプラ社/2020年4月現在で16巻まで刊行中)


書誌情報





ハリーとケントはなぞときポリス ハリせんぼん ぶちこみますよ!
作・絵 原 裕朗&バースデイ
著作者
発売日:2020年10月23日
定価: 本体1,500円+税
主な対象年齢:4歳~
ISBN:9784041097960
https://www.kadokawa.co.jp/product/322004000414/