トピックス

東海ウォーカー 11月号は、近場でパン巡りが楽しめる「‘20秋 パンBEST152」や、混雑が少なく狙い目の「京都の紅葉&新体験」など注目の特集が満載。 表紙、グラビア&インタビューには高橋優斗が登場

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)が発行するエリア情報誌『東海ウォーカー』の11月号(10月20日発売)が発売中。「withコロナ時代」のニーズに則したおでかけ・エンタメ情報を発信しています。

◆表紙は高橋優斗! 最新パン巡り&京都・東海の紅葉へGO



第1特集の「‘20秋 パンBEST152」は、新店を中心に愛知・岐阜・三重のパントレンドを紹介。
ブームが続くサンドイッチや、専門店の食パン食べ比べ、クセになるあんバターに急増中のキューバサンド、「プラスお酒」でパンを楽しむ新スタイルまで今食べるべきパンを、最新のキーワードごとに紹介します。


第2特集「京都の紅葉&新体験」では、例年に比べ混雑が見られない京都への旅を提案。
清水寺や嵐山など王道の紅葉観光コースはもちろん、東映太秦映画村に登場した“巨大エヴァ“にも注目。さらに、開放的なオープンエアの店を始めとするグルメスポットはすべて新店。今年ならではの楽しみ方を見つけてください。


第3特集は「東海 紅葉さんぽ 」
丈山苑(安城市)や寂光院(犬山市)など東海エリアの紅葉名所を、詳細なマップ付きで厳選9コース掲載しています。
ほか、東海エリアで行われるイルミネーションの開催予定や、東京ディズニーランドに9月登場した新エリア&アトラクションの体験レポートも必見。



(得)企画は「讃岐製麺」「和食さと」「牛角」「ミライザカ」「鳥メロ」「ビバパエリア」「ビオ・マルシェ」、さらに「スギ薬局」「TSUTAYA」でそれぞれ使えるクーポン付き。
「半額グルメ」にはボリューム満点の「丼」が登場します。

表紙は初の単独表紙「高橋優斗」(HiHi Jets/ジャニーズJr.)。
パンに囲まれる“ゆうぴー” の8Pグラビア&インタビューは必見。
SKE48の連載「同好会 活動報告書」は「食パン同好会」発起人の斉藤真木子さんが、パンの魅力を平田詩奈さんにプレゼン!
松村北斗さん(SixTONES)の「アトリエの前で」ほか、連載も絶好調です。

(関連サイト)
●webサイト『ウォーカープラス』:https://www.walkerplus.com/
●公式twitter:https://twitter.com/walkerplus_news

(紙書誌版 情報)



『東海ウォーカー』2020年11月号
表紙:高橋優斗(HiHi Jets/ジャニーズJr.)
定価:693円
発売日/配信日:2020年10月20日(火)
発行:株式会社KADOKAWA
【紙書誌版】https://www.kadokawa.co.jp/product/322002001530/