トピックス

面白すぎて、もう映画化!中村航・作『鬼ガール!! ツノは出るけど女優めざしますっ!』が本日発売

発売前に映画化決定(!!)の青春小説。鬼と人間の子・鬼瓦ももかが、鬼バレしないで女優を目指すお話です!

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、 代表取締役社長:松原眞樹)は、 2020年9月12日(土)に、人気作家・中村航による『鬼ガール!! ツノは出るけど女優めざしますっ!』(角川つばさ文庫/榊アヤミ・絵)を発売いたしました。また同書を原作にした映画『鬼ガール!!』も10月に公開されます。






本作は、鬼と人間の子で女子高生の鬼瓦ももかが、周囲に鬼バレせずに映研に入り、女優を目指す、笑って泣ける青春小説です。今もっとも旬の物語をどうぞお楽しみください。

<本作のあらすじを漫画で紹介&本の半分が試し読みできる!>
また、本作は小説ですが、読者の皆様が手に取りやすいように、導入にあらすじ漫画を掲載しております。さらに、本の半分が試し読みできるサイトも御用意しており、ご参考までにご覧下さい。












こちらで本書の半分が試し読みできます!
https://bookwalker.jp/de46c1841d-5ad9-4191-a86c-e51bf26a7b7e/?sample=1



『鬼ガール!!  鬼瓦ももか。鬼だけど鬼バレせずに女優しちゃうぜっ!』について


◆あらすじ
おもしろすぎて【もう!?】映画化! 鬼瓦ももか。鬼だけど鬼バレせずに女優しちゃうぜっ!

あたし、鬼瓦ももか。鬼と人間の子ども。そのせいで幼い頃にイジメられたのが心の傷。だから新しく入学する奥河内高校では、ツノを隠してフツーの女子のふりをすることに。初日に映画部の王子様・岬先輩に「女優にならない?」と誘われ一目ボレ! 恋して青春するでえ! ともりあがってたら、映画部にはかつてのイジメっ子・蒼月蓮がいた。こいつに鬼バレ=社会的死! ドキドキするとツノが出ちゃうのに、女優なんかできんのかい!? 
【小学校中学年以上向け】【笑って泣いて恋を…する!? がんばりたくなる青春ストーリー】


◆書誌情報
『鬼ガール!! ツノは出るけど女優めざしますっ!』(角川つばさ文庫)
中村 航・作 榊アヤミ・絵
発売:2020年9月12日(土) 
定価:748円(本体680円+税) 
ISBN:978-4-04-631889-3
発行:株式会社KADOKAWA
詳細ページ:https://tsubasabunko.jp/product/321811000336.html



プロフィール 


【作】中村 航(なかむら こう)
1969年岐阜県生まれ。2002年「リレキショ」で文藝賞を受賞しデビュー。芥川賞候補作『夏休み』のほか、『100回泣くこと』(ともに集英社文庫)『僕の好きな人が、よく眠れますように』(角川文庫)『トリガール』(角川つばさ文庫)や『100年後に読まれる名作(11) オズの魔法使い』(KADOKAWA)など著作多数。

【絵】榊 アヤミ(さかき あやみ)
イラストレーター。神奈川県生まれ。「新訳 赤毛のアン 完全版」シリーズ、「チア☆ダン」シリーズ、『小説 一度死んでみた』(すべて角川つばさ文庫)など挿絵を担当。



映画『鬼ガール!!』について







公開日:2020年10月9日(金)大阪先行公開
    2020年10月16日(金)東京ほか全国順次公開
出演:井頭愛海
板垣瑞生 上村海成 桜田ひより 吉田美月喜 曽野舜太
深尾あむ 末次寿樹
テイ龍進 六平直政
山口智充
監督:瀧川元気
原作:中村航(『鬼ガール!! ツノは出るけど女優めざしますっ!』(角川つばさ文庫))
脚本:中村航 作道雄 瀧川元気
音楽プロデューサー:梶原徹也
製作協力:奥河内ムービー・プロジェクト
配給:SDP
映画公式サイト:https://onigirl.jp
映画公式SNS(Twitter・Instagram):@onigirl_jp
(c)2020映画「鬼ガール!!」製作委員会