トピックス

晩婚・晩産の時代だからこそ、20代の男女が知るべき知識をまんがで。コミックエッセイ『「妊娠できるか検査」に行ってみた 20代でも要注意! 知っておくべき妊娠・不妊・避妊』

株式会社KADOKAWAは、2020年8月6日(木)にコミックエッセイ『「妊娠できるか検査」に行ってみた 20代でも要注意! 知っておくべき妊娠・不妊・避妊』を発売いたします。







内容紹介

29歳で結婚した著者は、「子どもは35歳くらいまでにそのうちできれば」と考えながらも、あるきっかけで32歳のとき「妊娠力を調べられる検査」に行きます。そこで自分たちは不妊という、想定外の事実に直面しました。



そして、不妊治療を経験するなかで初めて知った妊娠に関する多くの知識。
もっと早く知りたかったし、もっと早く検査に行けばよかった。でも、男女ともに晩婚化が進む現代においては30代で子どもを考える人たちはたくさんいるだろうし、「自分たちは当たり前にほしいときに授かれる」と考えているのではないか。何より妊娠にまつわる知識は、学校や親をはじめ、誰かから学ぶ機会ってあっただろうか。
そんな疑問を持ちました。
「危険日って説明できる?」「精子・卵子の老化?」「不妊治療は絶対なの?」


そこで本書では、自分たちのような思いをしないために、既婚・カップル・独身を問わず、20代からの男女が知るべき今さら聞けない性の基本から不妊までを、体験漫画と、生殖医療専門医との対談によってお伝えします。




もちろん若いうちに子どもを持つことを推奨するのではなく、必要な知識を得たうえで「子どもを持たない」選択をすることと、いつの間にか「子どもを持てない」ことはまるで違うように、後悔のない人生設計を自分の価値観で考えるための本で、女性だけでなく、男性の問題としても公平に取り扱っています。
年頃のお子さんを持つ親御さんにもおすすめいたします。


[表: https://prtimes.jp/data/corp/7006/table/7344_1.jpg ]