トピックス

「トンコハウス映画祭 第二回」オンライン開催決定! 世界の短編アニメーションを無料で楽しもう!Makuakeでクラウドファンディング開催中!

2019第一回トンコハウス映画祭オフィシャルグッズはカドカワストアで。

今回のスペシャルイベント『トイ・ストーリー3』の監督リー・アンクリッチ氏×堤大介監督トークは早々に完売!その他、リターンには堤大介、ロバート・コンドウら、世界で活躍するアーティストのワークショップやオリジナルアートも。

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)では、2019年の第一回トンコハウス映画祭オフィシャルグッズや「ダム・キーパー」絵本をオンラインで発売中です。


(金額はすべて税込)
トンコハウス映画祭2019トートバッグ 2,037円
https://store.kadokawa.co.jp/shop/g/g301903001420/

同 バンブータンブラー 1,834円
https://store.kadokawa.co.jp/shop/g/g301903001423/

同 地球にやさしいクリアファイルセット 映画祭ver./絵本ver. 各1,019円
https://store.kadokawa.co.jp/shop/g/g301903001422/
https://store.kadokawa.co.jp/shop/g/g301903001421/

同 巾着1,019円
https://store.kadokawa.co.jp/shop/g/g301903001424/

絵本「ダム・キーパー」 1,760円(全国書店で発売中/電子版発売中)
https://store.kadokawa.co.jp/shop/g/g321811000351/

【トンコハウス映画祭 第二回とは】
TONKO HOUSE PUBLISHERS株式会社は、2020年8月21日(金)より「トンコハウス映画祭 第二回」を開催することを発表しました。アメリカと日本にスタジオをもつ「トンコハウス」が世界の短編アニメーションをキュレーションしオンラインで無料配信。さらに、海外からのゲストを迎えてアニメーションの講座やトークイベントなどを1週間にわたってオンライン配信します。


<トンコハウス映画祭第二回概要>
日程   2020/8/21(金)~8/30(日)
主催   トンコハウスパブリッシャーズ

【映画祭 メインプログラム】
1,トンコハウスキュレーションによる短編アニメーションオンライン配信(無料)
2,キュレーション作品の監督による、トークセッション
3,トンコハウスメンバー他アーティストによるライブデモ、レクチャーをオンライン配信
4,トンコハウスメンバーと特別ゲストのトークライブ


「トンコハウス映画祭 第二回」開催にあたって
昨年、Makuakeで実施したプロジェクトでは、サポーター1,439人、支援額1,246万円のご支援をしていただき、初めての「トンコハウス映画祭」を開催することができました。



映画祭を通じてたくさんの素敵な方との出会いが生まれ、トンコハウスにとっても、ものづくりという“旅”を共有できる貴重な場であり、人と人とのつながりを感じられる、今必要とされている場だと感じています。

昨年は新宿での開催となりましたが、会場に来られなかった方や遠方にお住まいの方からも、参加したかった…と嬉しいご要望をたくさんいただきましたので、今年はオンラインでのコンテンツを充実させ、一週間にぎゅっと凝縮した形式でお届けします!

世界中から集まった短編アニメーションを無料で!
今年も世界中から、たくさんの素晴らしい短編アニメーションが集結しました。
皆様に、短編アニメーションの魅力をもっと気軽に楽しんでいただきたいという想いから、全て無料で配信させていただきます。

配信が決定している作品を一部ご紹介します。(※作品名アルファベット順、敬称略)


短編 『ダム・キーパー』 / Tonko House
『GIFTED』 / 中村優香
『GUNTHER』 / Erick Oh
『Lost & Found』 / Andrew Goldsmith, Bradley Slabe
『マイリトルゴート』 / 見里朝希
『My Moon』 / Eusong Lee
『Negative Space』 / Tiny Inventions
『One Small Step』 / Taiko Studio
『Weekends』 / Trevor Jimenez
『(OO)』 / Seoro Oh
今後も続々追加予定です。詳細は、応援購入サービス「Makuake」のプロジェクトページをご覧ください。

Makuakeでプロジェクトスタート!リターンを一部ご紹介
今年も、映画祭のプログラムをより充実させるべく、開催資金・サポーターを集めるためのプロジェクトをスタートしました。

開催期間:2020/6/22(月)~7/30(木)
クラウドファンディング プロジェクトページはこちら
https://www.makuake.com/project/tonkohousejapan2020/
☆堤大介とロバート・コンドウによるメッセージ動画も公開中!


【1】映画祭公式パンフレットとオリジナルポップコーンセット 2,500円(税込)
ご自宅で、映画祭を200%楽しめる、パンフレットとポップコーン2種(キャラメル・塩)セット

【2】監督をゲストにお呼びする、スペシャルトークセッションフリーパス 5,000円(税込)
今回作品を提供してくださった監督をお呼びして、お話しいただくトークセッション。5~8回のセッション全てをお楽しみいただけるフリーパス。

【3】ライブデモ「ONIコンセプトアートペインティング」 4,000円(税込)
製作中のNetflix新シリーズ「ONI」のコンセプトアートをライブデモ(約90分)
※開催予定日8/29
★同じく、ロバート・コンドウ、栗田唯によるレクチャーもご用意しております。

【4】<完売しました>スペシャルトークLIVE!リー・アンクリッチand堤大介 6,000円(税込)
「トイ・ストーリー3」「リメンバー・ミー」の監督を務めたリー・アンクリッチがゲストで登場!
※開催予定日8/30

【5】オリジナルフルカラーアート 100,000円(税込)
ロバート・コンドウ、堤大介が描き下ろす、世界で1枚のオリジナルフルカラーアート!




ピクサーのアートディレクターだった堤大介とロバート・コンドウの二人が2014年にアメリカで設立したアニメーションスタジオ「トンコハウス」。二人の初監督作品「ダム・キーパー」は、世界中の国際映画祭で20以上の賞を受賞し、2015年米国アカデミー賞では短編アニメーション部門にノミネート。「ピッグ・丘の上のダム・キーパー」はNHKやHuluで放送されるなど、日本でもたくさんのファンに愛されています。

【リリースに対する問い合わせ先】
藤田 美樹 Miki Fujita(Ms.)
fujita-mi@kadokawa.jp
株式会社KADOKAWA アニメ事業局 アニメ企画部 海外事業課
MP:080-3504-9112