トピックス

「小説 野性時代」7月号発売!世代を代表する書き手たちが自身の「二十歳の頃」を舞台にそれぞれの「物語」を紡ぐ。トップ・バッターとして、筒井康隆の読み切り短編「一九五五年二十歳」を掲載!表紙は深川麻衣。

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)は月刊文芸小説誌『小説 野性時代』2020年7月号(No.200)を2020年6月11日(木)より発売いたしました。




◆ニュース

【特別企画】野性時代的 二十歳のころ
それまであやふやだった人生がだんだんと形を成していく「二十歳のころ」。
まだ何者でもない若者たちのとっては、若さというきらめきに彩られた祝祭の季節であると同時に、将来に期待し、不安になり、焦燥する、孤独な自問自答の季節でもあります。
どんな世代の誰にも、一度だけ訪れる二十歳のころの物語を、作家たちが描きます。
そんな不定期特別企画、記念すべきトップ・バッターは、日本文学の巨匠、筒井康隆!

○筒井康隆「一九五五年二十歳」
一九五五年、おれは二十歳だった。
俳優になりたいという大望だけを抱いていた。
まだ、何者でもなかった――妬けつくような自伝的青春グラフィティ!


【読切】知恵と人情で謎を解く、人気シリーズ第五弾!
○山本一力「湯どうふ牡丹雪 長兵衛天眼帳」
湯治中の長兵衛のもとを、自身番が訪ねて来た。
村田屋自慢の天眼鏡が、どうやら騙りのタネに使われたらしく……。


◆おすすめ連載

○辻村深月「闇祓」(第9回/第3章・1話)
次の舞台は、“会社”――罵倒の声が響き渡るフロアに、弱々しく謝る声が重なる。
若手社員の鈴井は、部内で横行する理不尽なパワハラやアルハラに、日々怒りを募らせていたが……
この闇に、立ち向かえるか――怒涛の新章スタート!

○深町秋生「煉獄の獅子たち」(最終回)
十朱を仕留める寸前、思わぬ裏切りが露呈した。
織内に起死回生の一手は残されているのか――?
話題作『地獄の犬たち』に続くサーガ第二幕、ついに終焉!

○宮部みゆき「三島屋変調百物語七之続」(第2話 その3)
どこまでも追いかけてくる運命の非道な仕打ち。
哀しみにあらがう唯一のすべは、あらまほしき、お夏の一途な思いの力だった――。
三島屋で繰り広げられる“変わり百物語”……夏の暑い日、あなたも耳をすませてみませんか?


『小説 野性時代 第200号 2020年7月号』
定価: 880円(本体800円+税)
発売日:2020年06月11日
https://www.kadokawa.co.jp/product/322002000125/