トピックス

読売巨人軍で22年、WBCで世界一「伝説のスコアラー」初著作!

プロの視点を公開した書籍『ザ・スコアラー』2月8日(土)発売

株式会社KADOKAWA(代表取締役社長:松原眞樹、本社:東京都千代田区)は、2020年2月8日(土)に読売巨人軍にて22年間にわたってスコアラーを務めた三井康浩氏による新書新刊『ザ・スコアラー』を発売します。

著者の三井康浩氏は1978年に江川卓氏や香取義隆氏らと同期で読売巨人軍に入団(ドラフト外)。現役引退後は二軍マネージャーを経て、スコアラーを22年、その後には査定室長や編成本部参与などを歴任。2018年末日の退団まで40年にわたって巨人軍を支えてきました。2009年のWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)では日本代表チームのチーフスコアラーという大役を務め、世界一にも貢献。それまでは考えられなかった「スコアラーが主導するミーティング」や「スコアラーが試合中のベンチに入って指示を出すこと」などはいずれも日本プロ野球界で初めて三井氏が実施したことであり、その存在は野球界だけでなく、一部のプロ野球ファンにも知られる存在でした。

初めての著作となる本書では培ってきた投手・打者それぞれの評価ポイント、配球の考え方や外国人選手のスカウトまでプロの視点を現場の情報と共に明らかにします。



【目次】
はじめに
序章 残されていたWBCでの大仕事
第1章 職業、スコアラー
第2章 スコアラーはここを見ている―打者編―
第3章 スコアラーはここを見ている―バッテリー編―
第4章 編成部で生かされたスコアラーの視点
終章 元巨人軍スコアラーとして
おわりに

【書誌情報】
書名:ザ・スコアラー 
著者名:三井康浩
発売日:2020年2月8日(土)
※電子書籍同日配信予定
角川新書
定価:本体900円+税 
ISBN:9784040823362
発行:株式会社KADOKAWA



【著者略歴】
三井康浩(みつい・やすひろ)
1961年、島根県生まれ。出雲西高等学校時代に強打で鳴らし、1978年ドラフト外で読売巨人軍に入団。同期には、江川卓氏や鹿取義隆氏らがいる。腎臓疾患を患い、1984年に現役を引退。引退後は、二軍マネージャーを経て、スコアラー、査定室長、編成統括ディレクター、編成本部参与などを歴任。入団から退団まで、40年間にわたり裏側から巨人軍を支え続けた。2009年のWBC第2回大会(ワールド・ベースボール・クラシック)では、日本代表チームのチーフスコアラーという大役を務め、世界一に貢献している。現在は、各メディアで野球解説をする傍ら、セミナーや野球教室なども行う。現在、合同会社スリップストリーム所属。
https://slipstream-web.com/