トピックス

webサイト「ザテレビジョン」の【視聴熱】12/30-1/5ウィークリーランキング 主演・木村拓哉の演技に注目集まるSPドラマ「教場」がドラマ視聴熱1位獲得

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)は、webサイト「ザテレビジョン」にて、【視聴熱】ウィークリーランキング(対象期間=12月30日~1月5日)を発表しました。【視聴熱】はSNSや独自調査を集計し、盛り上がり度=“熱”をポイント(pt)として算出。今熱い番組からテレビの流行に迫る新指標です。
【視聴熱】サイト:https://thetv.jp/shichonetsu/weekly/



【ドラマランキング】
1位 教場/2位 きのう何食べた? 正月スペシャル2020/3位 グランメゾン東京



第1位 教場 (88,139pt)…長岡弘樹のベストセラー小説を原作としたスペシャルドラマが、1月4日、5日に二夜連続で放送された。主演した木村拓哉は、警察学校の教官・風間にふんし、警察官になるために集まってきた生徒たちとの日々を描いた。風間が受け持つ通称・風間教場に集う生徒には、工藤阿須加、川口春奈、林遣都、葵わかな、井之脇海、西畑大吾、富田望生、味方良介、村井良大、大島優子、三浦翔平といった実力派の若手キャストが集結。木村と若手キャストたちの演技対決、そしてミステリアスな展開ながらも見応えのある人間ドラマに多くの視聴者が見入り、「引き込まれた」「木村拓哉の代表作になると思う」といった感想が上がった。ラストでは、三浦貴大、伊藤健太郎、上白石萌歌、佐久間由衣、嘉島陸ら新しい生徒たちが登場しており、「二期が見たい」「映画化かな」と希望も寄せられた。

第2位 きのう何食べた? 正月スペシャル2020 (74,210pt)…シロさんこと弁護士の筧史朗と、ケンジこと美容師の矢吹賢二のほろ苦くも温かい毎日と、日々の食卓をつづる、よしながふみの人気コミックをドラマ化。シロさんを西島秀俊、ケンジを内野聖陽が演じ、2019年4~6月に全12話を放送。続編希望が相次いだなか、正月スペシャルとしての復活が決定。仕事の繁忙期でろくに家に帰れないシロさんに対してケンジが寂しさを募らせるエピソードでは、食費倹約に努めたり、シロさんのワイシャツに丁寧にアイロンをかけたりと、健気なケンジが話題に。ケンジの料理を食べたあと、本当は事務所に戻らなければいけないが、疲れからソファーで寝てしまったシロさん。そのままもう少しだけ寝かせてあげようとしたケンジだったが、寝顔を見ているうちにキスをしようと顔を近づけた。その瞬間にシロさんが目覚めるという展開だったが、SNSでは「ドキドキした」「繰り返し見たい」といった声が上がった。

第3位 グランメゾン東京 (51,126pt)…木村拓哉が型破りなフランス料理シェフにふんし、鈴木京香、沢村一樹らと世界最高のレストラン作りに挑戦する様子を描いたドラマ。2019年12月29日に最終回が放送された。最終回の第11話は、ミシュランの審査が近づき、「グランメゾン東京」の新メニュー開発が大詰めを迎えるなか、「スーシェフを辞める」と告げる尾花(木村)。そして、尾花のマグロメニューは完成したが、ミシュラン審査には、倫子(鈴木)が考えた魚料理にすることを決めた。それを聞いた尾花は「俺はもうこの店の人間じゃない」と出て行く。しかし、それは倫子に自信をもってミシュランの星獲得に挑ませるためだった。ミシュランの発表の日、「グランメゾン東京」は見事に三つ星を獲得。会場に密かに来ていた尾花が静かに涙を浮かべる様子が感動を呼んだ。そんな”シェフ“を好演した木村は、1週間後に放送された、ドラマ「教場」では冷酷無比な警察学校の教官を演じており、演技の振り幅も注目された。

【バラエティーランキング】
1位 ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!大晦日スペシャル絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時!/2位 芸能人格付けチェック!これぞ真の一流品だ!2020お正月スペシャル/3位 出川哲朗の充電させてもらえませんか?



第1位 ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!大晦日スペシャル絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時! (334,874pt)…大晦日スペシャルとして14年目に突入した今回の舞台は高校。最初の笑いの刺客として、ドラマ「全裸監督」で描かれた村西とおる監督のようにパンツ一丁の姿で現れた草なぎ剛には、SNSでも視聴者から驚きのコメントが。その後、生活指導の教員として香取慎吾がかつての松本人志をまねした超ミニスカ姿で登場したほか、後半では稲垣吾郎がどぶろっくのミュージカル風コントを熱演し笑いを誘った。「新しい地図」として活動する稲垣、草なぎ、香取の3人。草なぎが「久しぶりの地上波でものすごく緊張してまして」と言いつつも、松本に「草なぎ派ですか、中居(正広)派ですか?」と質問したことをはじめ、ノリノリかつ攻めた様子で、笑いの刺客としての役目を存分に果たした3人にSNSでは歓喜の声が寄せられた。

第2位 芸能人格付けチェック!これぞ真の一流品だ!2020お正月スペシャル (297,240pt)…一流芸能人たちがチームを組み、味覚や音感などの格付けチェックに挑む恒例の特番が1月1日に放送された。注目されたのは、格付けチェックで個人58連勝中のGACKT。ペアとなった鬼龍院翔がプロの吹奏楽団と高校の吹奏楽部との演奏の聞き分けで不正解に。鬼龍院はスタジオに戻るとともに“スライディング土下座”で謝罪するも、GACKTは休憩時間になってもミュージシャンがこの問題で間違えたことに怒りが収まらない様子。そして、最終問題の牛肉の食べ分けも鬼龍院は不正解。再び謝罪する鬼龍院だったが、GACKTは「何が悔しいって、お前のことじゃない。あまりの桐谷のうれしそうな顔がムカつく」と怒りの矛先を隣のチームの桐谷に向けると、桐谷もノリでGACKTにツッコミを入れ、スタジオは笑いに包まれた。

第3位 出川哲朗の充電させてもらえませんか? (123,987pt)…1月2日の放送では、ゲストライダーに稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人がリレー形式で出演し、出川と三重県の旅を楽しんだ。最初に登場したのは香取。バイクの充電が切れそうになって焦ることを出川に問うと、出川は笑いながら「ホントにコレはねぇ、コレは悪いクセなんスよ。全く同じこと言ってるでしょ、中居(正広)くんと」と、昨年7月に中居が出演したときと同じだと指摘。香取も笑っていた。その後に登場した草なぎは、充電させてもらった家でお礼として手料理を振る舞う場面も。最後となった稲垣は番組恒例のスイカ柄ヘルメットをかぶって明るく登場するも、「ヘルメットやだ!」「前髪がないとテレビに出れない」と文句(?)を言って笑わせた。また、SNSではBGMにSMAPの楽曲が多く使われていたことでも盛り上がりを見せた。

【視聴熱】とは、SNSやザテレビジョンの独自調査を集計し、世間で今注目を集めている番組を発表。視聴者の“熱”をポイント化してテレビの最新トレンドに迫る、ザテレビジョン独自の新指標です。WEBサイト「ザテレビジョン」ではウィークリー、デイリーの視聴熱ランキングを紹介。視聴率だけでは測れない、本当に盛り上がっているテレビの話題を、人々の“熱”から探ります。



●【視聴熱】サイト:https://thetv.jp/shichonetsu/weekly/