トピックス

「小説 野性時代」1月号、デザイン全面リニューアル、グラビアも大幅増ページで装い新たに発売!湊かなえ、桜木紫乃、知念実希人の大型新連載もスタート。表紙は映画『午前0時、キスしにきてよ』より片寄涼太。

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)は月刊文芸小説誌『小説 野性時代』2020年1月号(No.194)を2019年12月12日(木)より発売いたしました。





◆ニュース
1.【お知らせ】「小説 野性時代」デザインを全面リニューアル!
アートディレクターに池田進吾を迎え、表紙や目次から特集・連載ページまで大幅に刷新しました。いま最も旬なタレントの持つ素の空気感を余すところなく伝える表紙撮影は、新進気鋭のカメラマン、細居幸次郎が担当。
新コラムコーナー「私の黒歴史」には松居大悟、こだまも寄稿。
ミシュラン2つ星で話題のレストランINUAに村田沙耶香さんが訪れたエッセイ等、
読み物ページもさらに充実。装い新たな新春リニューアル号、必見です!

2.【新連載】目指すは東京!次なる圭祐の挑戦は……ドキュメンタリー!?
○湊かなえ「ドキュメント」
陸上の夢を諦めた僕は、高校でまさかの放送部に入ることに。
そこには知らない世界が広がっていた――。
ツイッターフォロワー40万人のインフルエンサー、ぶんけいさんとの新連載スタート記念対談も必読!

※KADOKAWA文芸WEBマガジン「カドブン」では本作の試し読みも公開中!
https://kadobun.jp/trial/yasei/4hgjsspbirac.html



3.【新連載】昭和五十年、釧路のキャバレー。笑えて、切なくて、まぶしい人間賛歌。
○桜木紫乃「俺と師匠とブルーボーイとストリッパー」
年末年始の稼ぎ時を控えたキャバレー「パラダイス」。
下働きの章介は、訳ありタレント達と出会い――。

※KADOKAWA文芸WEBマガジン「カドブン」では本作の試し読みも近日公開!
https://kadobun.jp/trial/



4.【新連載】病理医・刀祢紫織シリーズ、待望の長編連載スタート!
○知念実希人「傷痕のメッセージ」
第一外科医局から病理部に出向して研修中の外科医・水城千早は、
ある悩みを抱えていた――。



5.【読切】本誌初登場!
○北野 武「サミット」
義理とプライドに身を賭す。北野ワールドの真骨頂!
一瞬の輝きに命を懸けたヤクザたちの末路は――。

6.【読切ノンフィクション】
○北野新太「光追う一日」
2019年晩夏、棋士・谷川浩司は順位戦の朝を迎えた。
トップで闘いつづけるレジェンドが胸に秘める思いとは……。


◆おすすめ連載
○貫井徳郎「悪の芽」(第2回)
無差別大量殺人犯は、小学生時代に苛められていた。
同級生だった銀行員の安達は、当時の“事件”を振り返る――。

○中島京子「ムーンライト・イン」(第2回)
屋根の修繕が、終わるまで。元ペンションの建物に居候している拓海は、
そこに住む3人の女性の関係が気になるが……。

○赤川次郎「湖の底の金塊(後篇)」(第2回)
幻の金塊を求めて、湖への潜水を決意した三角。
彼を取り巻く企みに気付いたマリは、三角のことが心配になり……。


『小説 野性時代 第194号 2020年1月号』
定価:本体800円+税
発売日:2019年12月12日
発行:株式会社KADOKAWA
https://www.kadokawa.co.jp/product/321901000095/