トピックス

「ポケットモンスター ソード・シールド」、発売3日間で136.5万本を販売。~「ファミ通」マーケティング速報~

株式会社KADOKAWA Game Linkage(KADOKAWAグループ)

Nintendo Switch本体は国内累計1000万台を突破!

ゲーム総合情報メディア「ファミ通」は、ポケモンが2019年11月15日に発売したNintendo Switch向けソフト「ポケットモンスター ソード・シールド」の国内推定販売本数を速報としてまとめました。

■「ポケットモンスター ソード・シールド」 売上速報
(集計期間:2019年11月15日~2019年11月17日/販売日数:3日間)

 国内推定販売本数:1,364,544本

※ダウンロードカード、「『ポケットモンスター ソード・シールド』ダブルパック」を含む
(ダウンロード版の本数は含みません)

「ポケットモンスター」シリーズの最新作「ポケットモンスター ソード・シールド」は、発売3日間(初週)で136.5万本を売り上げました。Nintendo Switch向けソフトとしては、歴代1位の初週販売本数となっています。
なお、本作発売週(2019年11月11日~11月17日)のNintendo Switch本体(Nintendo Switch Lite含む)の週間販売台数は180,136台となり、同週で累計販売台数1000万台を突破しました。
クリスマスや年末年始に向けて、今後も同ソフトおよび同ハードのさらなる販売本数の伸びが期待されます。


■ご参考
・Nintendo Switch(Nintendo Switch Lite含む)
 国内推定累計販売台数: 10,065,797台
 (集計期間:2017年3月3日~2019年11月17日)




※本データを記事にてご使用になる場合は、ファミ通調べ、もしくはゲーム雑誌「ファミ通」を発行する当社(KADOKAWA Game Linkage)調べなど、必ず「ファミ通」というブランド名の記載をお願いいたします※


◆ファミ通について
ファミ通グループでは、ゲーム総合誌「週刊ファミ通」(毎週木曜日発売)をはじめ、ゲーム・エンタメ情報サイト「ファミ通.com」、スマホゲーム情報サイト「ファミ通App」、eスポーツ情報サイト「ファミ通App VS」といったウェブサイト、子ども向けゲーム情報誌「てれびげーむマガジン」、「ファミ通チャンネル」や「ファミ通App YouTubeチャンネル」などの動画配信チャンネル、攻略本やビジュアルファンブックなど、さまざまなメディアやコンテンツを展開しています。
さらに、全国約3,600店舗のファミ通協力店からゲームの売上データを集計し、6月27日には「ファミ通ゲーム白書2019」を発刊。モバイルゲームに特化した「ファミ通モバイルゲーム白書2019」も発刊しています。




◆株式会社KADOKAWA Game Linkageについて
株式会社KADOKAWA Game Linkage(代表取締役社長:豊島 秀介)は、株式会社KADOKAWAの100%子会社です。
『ファミ通』『ゲームの電撃』ブランドをはじめとする情報誌の出版、Webサービス運営、動画配信といったゲームメディア事業を展開しています。そのほかイベント企画やeスポーツマネジメントなど、ゲームにまつわるあらゆる分野で新しい価値の創出に挑戦。ゲームとユーザーの熱量を高め、ゲームの面白さや楽しさをさらに広げてまいります。
公式サイトURL: https://kadokawagamelinkage.jp


プレスリリースのダウンロード:https://prtimes.jp/a/?f=d7006-20191120-4544.pdf