トピックス

乙一4年ぶりの新作は、自身監督作品の原作小説!『小説 シライサン』発売決定!

『GOTH リストカット事件』や『失はれる物語』で知られる乙一氏。株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)は、4年ぶりの書き下ろし長編小説『小説 シライサン』を11月21日(木)に発売いたします。



乙一氏は1996年に『夏と花火と私の死体』で第6回ジャンプ小説大賞を受賞し小説家デビューを果たし、2003年には『GOTH リストカット事件』では第3回本格ミステリ大賞を受賞しました。乙一以外の名義でも小説や脚本、映画を発表してきた著者が、4年ぶりに乙一名義で書き下ろした完全新作が『小説 シライサン』(https://www.kadokawa.co.jp/product/321906000246/)です。
本書は、2020年1月10日(金)に公開される、自身の初長編映画監督作品(安達寛高名義)「シライサン」の原作小説であり、とある怪談話を聞いた人間に怪異が襲い来るノンストップホラーです。
また、オリジナルストーリーのコミカライズ版『シライサン ~オカルト女子高生の青い春~』(原案:乙一 漫画:崇山 祟/株式会社扶桑社)も11月28日(木)に発売決定。小説、映画、漫画と様々なかたちで、乙一ワールドをお楽しみください。

◆映画「シライサン」公式HP https://shiraisan.jp


『小説 シライサン』について


■あらすじ
「お二人は……呪われました」
親友の香奈の変死を目撃した女子大生・瑞紀の前に現れたのは、同じように弟の和人を亡くした青年・春男だった。何かに怯え、眼球を破裂させて死んだ二人の死の真相を探るべく、富田詠子という女性のもとを訪れた瑞紀と春男は、詠子からとある怪談話を聞く。それは異様に大きな目の女が、追いかけてくるというものだった。怪談に出てくる女の名前を頑なに口にしなかった詠子だったが、ひょんなことからその名を瑞紀たちに伝えてしまう。それから瑞紀たちの周囲にも怪異が起き始めて……。

■書誌情報
『小説 シライサン』
著:乙一
発売日:2019年11月21日(木)
定価:本体640円+税
体裁:文庫判
頁数:320頁
レーベル名:角川文庫
ISBN:9784041087602
発行:株式会社KADOKAWA
(C)松竹株式会社


コミカライズ版『シライサン ~オカルト女子高生の青い春~』について




■あらすじ
オカルト趣味だけが生きがいの、“空気”のように目立たない女子高生トリコは
いつもの古書店で一冊の本を手に取った。
そこに書かれていた“目隠し村”の伝承のとりこになった彼女は翌日、
同じクラスの男女グループに伝承をベースにした怪談話を披露。
すると後日、話を聞いた男女が次々と“眼球破裂”という謎の死を遂げていく。
トリコは急遽オカルト部を結成し、目隠し村の呪いに立ち向かおうとするが……。

■書誌情報
『シライサン ~オカルト女子高生の青い春~』
原案:乙一 漫画:崇山 祟
発売日:2019年11月28日(木)
定価:本体900円+税
頁数:200頁
発行:株式会社扶桑社


著者について

乙一(おついち)
1978年福岡県生まれ。96年「夏と花火と私の死体」で第6回集英社ジャンプ小説・ノンフィクション対象を受賞し、デビュー。2003年『GOTH リストカット事件』で第3回本格ミステリ大賞を受賞。著書に『ZOO』『平面いぬ。』『失はれる物語』『銃とチョコレート』など多数。