トピックス

電撃文庫『魔法科高校の劣等生』累計発行1,000万部突破! 著者・佐島 勤氏とイラストレーター・石田可奈氏からコメントとお祝いイラストも到着!!

 株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)では、エンターテインメントノベル「電撃文庫」より小説『魔法科高校の劣等生』シリーズ(著/佐島 勤、イラスト/石田可奈)を2011年7月から刊行しています。このたび、『魔法科高校の劣等生』シリーズの累計発行部数が9月10日(火)発行の『魔法科高校の劣等生(30) 奪還編』をもって1,000万部を突破しましたのでお知らせします。




 電撃文庫『魔法科高校の劣等生』は、魔法が現実の技術として確立した世界で、ある欠陥を抱えた兄・司波達也と成績優秀な妹・司波深雪を中心に、魔法科高校での波乱の日々を描いた小説シリーズです。緻密な魔法の設定と、魅力的なキャラクターたちが織りなすストーリーが高い人気を誇る電撃文庫の大ヒット作品で、現在までシリーズ33冊を刊行。TVアニメ化、劇場版アニメやゲーム化、コミカライズ、グッズ製作、スピンオフ小説の刊行など、幅広いメディア展開を行っています。
 さまざまな形で広がり続ける『魔法科高校の劣等生』シリーズの今後の展開に、どうぞご期待ください。

 なお、電撃文庫タイトルで国内累計発行部数が1,000万部を突破したのは、2010年10月の『とある魔術の禁書目録(インデックス)』シリーズ(著/鎌池和馬、イラスト/はいむらきよたか)、2014年8月の『ソードアート・オンライン』シリーズ(著/川原 礫、イラスト/abec)に次ぐ、3タイトル目となります。


[表: https://prtimes.jp/data/corp/7006/table/6229_1.jpg ]




著者プロフィール
佐島 勤 (さとう つとむ)
2011年7月、『魔法科高校の劣等生』にて電撃文庫よりデビュー。著作に『ドウルマスターズ』『魔人執行官』(いずれも電撃文庫刊)がある。


■電撃文庫『魔法科高校の劣等生』シリーズ最新刊



【書名】 魔法科高校の劣等生(30) 奪還編
【著者】 佐島 勤
【イラスト】 石田可奈
【レーベル】 電撃文庫
【発売日】 2019年9月10日
【定価】 本体650円+税
【ISBN】 978-4-04-912738-6
【発行】 株式会社KADOKAWA
【内容】
水波を連れ、日本を脱した九島光宜。パラサイト化したレイモンドと共に、USNA軍基地のある北西ハワイ諸島を目指す。
一方、九重八雲という意外な伏兵によって追跡を阻止された達也だが、彼は水波のことを諦めてはいなかった。必ず連れ戻す、と深雪と約束したからだ。光宜とレイモンドが逃れた先。そこは奇しくも、リーナが救出を願うカノープス少佐が幽閉されたミッドウェー監獄に近い、パールアンドハーミーズ米軍基地。パラサイトを滅す新魔法『アストラル・ディスパージョン』を習得した達也が、水波と、そしてカノープス奪還のため、USNA軍基地を隠密裏に強襲する……!!

■電撃文庫『魔法科高校の劣等生』シリーズ概要




【著者】 佐島 勤
【イラスト】 石田可奈
【レーベル】 電撃文庫
【定価】 本体550円~670円(税別)
【発行】 株式会社KADOKAWA
【内容】
西暦2095年――
魔法が現実の技術として確立し、魔法師の育成が国策となった時代。国立魔法大学付属第一高校に対照的な兄妹が入学した。主席入学を果たした司波深雪は成績優秀な一科生(ブルーム)として。ある欠陥を抱えた兄の司波達也は二科生(ウィード)として。入学直後から、才能容姿ともに完璧な深雪には多くの取り巻きができるが、深雪が心から慕うのは達也のみ。そのせいで達也は一科生から敵視されるようになり……。
【作品サイト】 https://tsutomusato.jp/mahouka/

◆『魔法科高校の劣等生』第1~30巻、SS、スピンオフシリーズ『魔法科高校の劣等生 司波達也暗殺計画』第1~2巻 好評発売中