トピックス

東北愛に溢れたご当地絵本『たちねぶたくん』『いぶりがっこちゃん』『だってちゃん』シリーズ大重版!

全文試し読みあり。ご当地のアレが、かわいい姿で踊って、かくれんぼして、デートする!?

株式会社KADOKAWAは、夏祭りシーズンにピッタリな、東北愛あふれるシリーズ絵本『たちねぶたくん』『いぶりがっこちゃん』『だってちゃん』を重版いたしました。






東北のお祭りや名産品をモチーフにした絵本「たちねぶたくんとゆかいななかま」シリーズ

絵本界のゴールデンコンビ、中川ひろたかさんと村上康成さんが描く絵本、その名も『たちねぶたくん』。
青森県で明治から続くお祭り「立佞武多祭り(たちねぷたまつり)」の日に生まれたこぶた「たちねぶたくん」が主人公です。




ほかにも、秋田県名産の大根のお漬物「いぶりがっこ」から生まれた「いぶりがっこちゃん」。
宮城県の武将「伊達政宗(だてまさむね)」公の名前と兜の三日月から生まれた「だってちゃん」。
瓦のごしょがわらさん(青森県・五所川原市)、なまはげ(秋田県の行事・来訪神)が登場します!

[動画: https://www.youtube.com/watch?v=UHXTi_8VCLc ]



大反響!親子の「楽しい」をはぐくむ絵本。

リズミカルな繰り返しが気持ちい良い!キャラクターをまねっこするもの楽しい!
読む側も楽しい言葉遊びと、変顔やおもしろポーズで子どもたちも大爆笑!
夏休みのひととき、ご家族でお祭り気分にひたれる言葉遊び絵本の決定版です!

■『たちねぶたくん』
►「たちぶた、ねぶた、たちねぶた」「たちぶた、ねぶた、?????」
次はどんなポーズのたちねぶたくんが登場するかが楽しみな構成です。

テンポのよいリズムに合わせて、立ったり、寝たり、声を出して、歌ったり踊ったり!
とにかく楽しい!(3歳 男の子 ママ)






■『いぶりがっこちゃん』
►とても自由なアヒルの女の子。読み聞かせながら真似っこすると、変顔大会もできちゃいます。

「うらうらうらあああ」など、読み聞かせしていてもおもしろい。
子どもも一生懸命真似する姿がかわいい。(2歳 女の子 ママ)





■『だってちゃん』
►「だって、だって…」ばかりいうけれど、それには理由があるんです。

「だって だって」と繰り返すところが、娘と似ています(笑)(4歳 女の子 ママ)






●人気絵本サイト「絵本ナビ」にて“全ページためしよみ”ができます!※1回のみ。メンバー登録要。
『たちねぶたくん』
http://www.ehonnavi.net/ehon00.asp?no=37719
『いぶりがっこちゃん』
http://www.ehonnavi.net/ehon00.asp?no=86664
『だってちゃん』
http://www.ehonnavi.net/ehon00.asp?no=90633

●著者紹介
文・中川ひろたか
1954年生まれ。保育士、バンド「トラや帽子店」を経て、『さつまのおいも』(童心社)で絵本作家に。主な作品に『あくび』(文渓堂)、『あいうえおのうた』(のら書店)、[こぶたのブルトン]シリーズ(アリス館)、[ショコラちゃん]シリーズ(講談社)、[おたんじょう月おめでとう]シリーズ(自由国民社)など多数。代表曲に「みんなともだち」「世界中のこどもたちが」「にじ」など。

絵・村上康成
1955年生まれ。創作絵本、ワイルド・ライフ・アートなどのグラフィック関連で独自の世界を展開する自然派アーティスト。主な作品に、『999ひきのきょうだいのほしをさがしに』(ひさかたチャイルド)、『さかなつりにいこう!』(理論社)、『 ぞうさんうんちしょうてんがい』(くもん出版)、『おおきくなったらきみはなんになる?』(講談社)など多数。

●書籍情報




たちねぶたくんとゆかいななかま
『たちねぶたくん』
定価:本体1200円(+税)
対象年齢:2歳から
仕様:A4判・上製・32ページ
https://www.kadokawa.co.jp/product/201003000430/





たちねぶたくんとゆかいななかま 第2弾
『いぶりがっこちゃん』
定価:本体1200円(+税)
対象年齢:2歳から
仕様:A4判・上製・32ページ
https://www.kadokawa.co.jp/product/201203000636/





たちねぶたくんとゆかいななかま 第3弾
『だってちゃん』
定価:本体1200円(+税)
対象年齢:2歳から
仕様:A4判・上製・24ページ
https://www.kadokawa.co.jp/product/321302000075/