トピックス

公園で遊んでいたら、なんとパンツが降ってきた!?隠し絵要素も満載の絵本『だれのパンツ?』発売!

児童出版文化賞受賞の絵本作家・シゲリカツヒコの受賞後1作目。

隠し絵要素が満載!株式会社KADOKAWAは、小学館児童出版文化賞受賞の絵本作家・シゲリカツヒコの絵本『だれのパンツ?』を発売いたしました。



おおきなパンツを持って「おとどけしまーす!」と、団地の階段を駆け上がる男の子…。
ヒントをたよりに部屋をあっちこっち。持ち主はいったい誰??


いつのまにか、サルや鬼が住んでる部屋にきちゃった!?




著者は、2018年に『大名行列』で小学館児童出版文化賞を受賞した絵本作家・シゲリカツヒコ氏。
奇想天外な展開と圧倒的な画力のルーツは、 子供のころから大好きだった様々な図鑑。
なかでも一番のお気に入りは「人体図鑑」だったとか。
受賞後の第一作となる本作『だれのパンツ?』の刊行を記念してインタビューを掲載。
https://kadobun.jp/interview/187/daa7a5ee


ちょっと視点をかえると…? 目指したのは、何度読んでも楽しめる絵本。

何度でも読み返したくなるような探し絵要素が満載で、例えば、パンツをよく見ると、つぎはどんな部屋にいくのかヒントが隠されています。
ちいさいお子さんには、「つぎは誰のところかな?」
すこし大きくなったお子さんには、「絵本ぜんぶで、いくつ見つけられるかな?」
などと問いかけながら読むのもオススメです。
さあ、いったいだれの落とし物だったのでしょうか。もしかすると…パンツじゃなかったりして!?

●人気絵本サイト「絵本ナビ」にて“全ページためしよみ”ができます!※1回のみ。メンバー登録要。
http://www.ehonnavi.net/ehon00.asp?no=124460


●著者プロフィール
シゲリカツヒコ
1962年生まれ。岐阜県各務原市出身。フリーのイラストレーターとして装画などを手がける。『カミナリこぞうがふってきた』(ポプラ社)で絵本デビュー。細部までとことん描写するユーモラスなタッチと奇想天外なストーリー展開で、絵本の世界を表現してきた。2018 年『大名行列』(小学館)で小学館児童出版文化賞を受賞。他の作品に『ごじょうしゃありがとうございます』『ガスこうじょう ききいっぱつ』(いずれもポプラ社)、『バスガエル』(作・戸田和代/佼成出版社)、『ぼくはまいごじゃない』(作・板橋雅弘/岩崎書店)がある。

●書誌情報



『だれののパンツ?』
著者:シゲリカツヒコ
定価:本体1300円(+税)
仕様:ハードカバー/オールカラー/32P
ISBN:978-4-04-107698-9
発行:株式会社KADOKAWA
https://www.kadokawa.co.jp/product/321808000471/