トピックス

発売前に重版決定! Twitter、YouTubeで累計23万人が共感! とどろん初書籍 『未来を決めるのは私だから王子様も魔法もいらない』発売!

株式会社 KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)は、とどろんさんの初書籍『未来を決めるのは私だから王子様も魔法もいらない』を7月31日(水)に発売いたします。予約開始直後からネット書店に注文が殺到したことから、この度、発売前重版が決定しました。








TwitterとYouTubeに突如現れ、コンプレックスを抱える10 代、20代の女性から壮大な支持を集めるとどろんさん初の書籍を発売いたします。これまで謎に包まれていた本人の経験も交えつつ書き下ろした、外見で悩む全ての人に読んでほしいエッセイです。



『未来を決めるのは私だから王子様も魔法もいらない』について


【はじめに】より

昔から自分の顔が嫌いだった。この顔のせいで常に人生はどん底だった。「死にたい」と言えば「そんなことで」と言われたけど、私にとっては「そんなこと」が全てだった。皆がブスだと笑うから、私は人前で笑う事も泣く事も怖くなった。でも人の目を見られなくなり下を向くと、「ちゃんと前を向きなさい」と怒られた。「外見をそんなに気にするなんておかしい」「内面がダメだから外見も悪くなる」。私の劣等感の根源である「世間」は常識人のような顔をして、私という人間をどんどんダメにした。この世の中はとても生きにくかった。生きる事は強制されるのに、私が普通に生きる事を許してはくれない。

でも私は諦めきれなかった。私だって普通の女の子のように生きてみたい。好きな洋服を着て、誰の目も声も気にせずに街を歩いて、大好きな苺のパフェを食べて。それだけでいいのに。苺のパフェも洋服も自分で買うし、手を繋いでエスコートしてくれる彼氏もいらない。お姫様はいいなぁと思うけど、自分がなりたいわけじゃない。魔法にかけられたいわけじゃなくて、王子様に迎えに来てほしいわけでもなくて。自分の力で頑張るから。だから自分の好きに生きて、自分の好きな姿で死にたい。こんな理不尽な世の中なら毒を吐きまくってでも幸せになりたい。お姫様が呑気に王子様を待っている間に、他の誰でもない、私自身が私を幸せにしたい。

未来を決めるのは私だから、王子様も魔法もいらない。


■著者紹介 とどろん (@todoron_sk)
TwitterとYouTubeに突如現れ、Twitterは、2018年11月後半開始から半年で10万フォロワー超え、YouTubeは、2019年2月開始で3 か月で10万フォロワー超えと注目を集めている。

■書誌情報
発売:2019年7月31日(水)※電子書籍も同日発売
定価:本体1200+税
頁数:208頁
体裁:四六判並製
ISBN:9784041085417
発行:株式会社KADOKAWA
詳細ページ:https://www.kadokawa.co.jp/product/321904000286/

撮影:前康輔
モデル:由布菜月
スタイリスト:南拓子
ヘアメイク:萩村千紗子
デザイン:渋井史生(PANKEY)
マネージメント:株式会社VAZ