トピックス

古代日本は渡来人に何を求め、近代日本は古代の彼らに何を期待したか? 現代の外国人問題を考えるうえでも必読の『渡来人と帰化人』(角川選書)発売!

第4回古代歴史文化賞、大賞受賞著者の最新作

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)は、田中史生著『渡来人と帰化人』(角川選書)を2019年2月22日(金)に発売いたしました。




日本とは何か、日本人とは何か? いまこそ、歴史認識を問い直す!!
教科書は「帰化人」を「渡来人」と言い換えて、彼らを古代「日本」への移住者・定住者と説明してきた。しかしそれでは、古代社会の実像から大きくかけ離れてしまう。古代史料に即して「渡来」と「帰化」の意味や違いを捉え直し、渡来人を〈移動者〉と再定義。〈移動〉をキーワードに、現代「日本」と繋がりつつも、異質で多様な古代の「倭」「日本」の姿、国際社会と密接に結びついて動く古代列島社会の姿を浮き彫りにする。

【目次】
プロローグ――渡来人・帰化人・日本人
I 「帰化人」か「渡来人」か
II 中国大陸から倭人の国へ
III 大王と地域首長と渡来人・渡来文化
IV 支配思想・支配方式の渡来文化
V 帰化人誕生の国際環境
VI 渡来系氏族の変質と「帰化」の転換
エピローグ――「渡来」と「帰化」と「日本史」

田中史生(たなか・ふみお)
1967年福岡県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。國學院大學大学院文学研究科博士課程後期修了、博士(歴史学)。島根県教育庁文化財課(埋蔵文化財調査センター)主事、関東学院大学経済学部教授を経て早稲田大学文学学術院教授。著書に『日本古代国家の民族支配と渡来人』(校倉書房)、『倭国と渡来人』『国際交易と古代日本』(吉川弘文館)、『国際交易の古代列島』(角川選書・第4回古代歴史文化賞大賞)、『越境の古代史』(角川ソフィア文庫)など。

書誌情報▼
角川選書『渡来人と帰化人』
著者:田中史生
発売日:2019年2月22日
定価:(本体1700円+税)
体裁:四六判・並製
頁数:320頁
ISBN:978-4-04-703632-1
発行:株式会社KADOKAWA
※電子書籍も同日配信!
https://www.kadokawa.co.jp/product/321707000029/