トピックス

いま最注目の書き手、朝比奈あすかの読み切り「いつか、ドラゴン」掲載!文芸カドカワ1月号、好評配信中!

株式会社KADOKAWAはエンタメ小説誌『文芸カドカワ』(電子書籍雑誌)2019年1月号(No.49)を配信いたしました。



今月の文カド・ニュースは……
1)僕のことを「人の気持ちがわからない」と言って、父は家を出て行った――。
いま最注目の書き手、朝比奈あすかによる清々しい勇気に満ちた物語「いつか、ドラゴン」掲載!
2)いよいよ最終回! 祖母、母、娘のにぎやかファミリーミステリ、赤川次郎「三世代探偵団2 枯れた花のワルツ」








【今号の執筆陣】赤川次郎/朝比奈あすか/新井素子/いとうせいこう×みうらじゅん/乾 ルカ/井上純一/今野 敏/須賀しのぶ/竹本健治/でんすけのかいぬし/深緑野分/藤井太洋/三羽省吾/夢枕 獏

<今月のおすすめ連載>





須賀しのぶ「荒城に白百合ありて」
薩摩藩士の岡本伊織は密命を受け、会津藩の若手藩士に接近する。
幕末を舞台に描く大河ロマンス!






三羽省吾「共犯者」
奇妙な死体遺棄事件を追い、岐阜に入った記者を待つものは――。
報道の使命と家族の絆を巡るサスペンス・ミステリ。






藤井太洋「第二開国」
巨大クルーズ船の中で昇雄太が目にしたのは――。
リゾート施設の建設が国家を揺るがす、ポリティカル・フィクション!


<今月のイチオシラインアップ>
「明日の僕に吹く風は」
乾ルカ



「狐火の辻」
竹本健治