トピックス

受刑者がマンガの背景に挑戦!? 山口県が舞台のノンフィクションマンガ『刑務所でマンガを教えています。』 11月21日(水)発売!

背景の描き方も学べるノンフィクション漫画、ついに刊行!

漫画誌『月刊コミックフラッパー』で連載されていたノンフィクションマンガ『刑務所でマンガを教えています。』(著:苑場凌&JKS12)のコミックスが11月21日(水)に発売いたします。山口県に実在する美祢社会復帰促進センターというPFI刑務所で受刑者に漫画の背景画を指導している著者:苑場凌による実録ノンフィクション。苑場氏がどのような経緯でこの仕事に携わることになったか、また受刑者がどのように背景画を描いているかについて描いた作品。作中では背景の描き方など、漫画の描き方の参考になる事柄も多数収録されています。






受刑者がマンガの背景を作画!? 背景の描き方も学べる『刑務所でマンガを教えています。』11月21日(木)発売!


『刑務所でマンガを教えています。』は、苑場凌&JKS12による実録ノンフィクションマンガ。
山口県美弥市にある美祢社会復帰促進センターで実際に行われている取り組みをマンガにした作品です。美祢社会復帰促進センターは、 PFI刑務所と呼ばれる国(法務省)とともに民間企業が経営能力や技術を活かして公共施設を運営している刑務所。そのなかで著者:苑場氏が指導にあたっているのは、受刑者(センター生)にマンガの背景画を描いてもらうという取り組みです。そんな取り組みを描いたノンフィクションマンガとして、漫画雑誌『月刊コミックフラッパー』で連載されていましたが、ついに単行本となって11月21日(水)に発売となります。

本作では、苑場氏がどのようなきっかけで指導することになったのか、またセンター生が取り組みを通してどのように変化したのかなどが描かれます。
また、センター生に指導する場面では背景画の書き方が丁寧に描かれているので、マンガ背景画について知りたい、という方にもためになる一冊となっています。
なお、本作の背景は冒頭にあるとおり、すべてセンター生によるものとなっておりますので、そちらにも着目です。

▼センター生に対して、「漫画の背景画」を描くことを提案する苑場氏



▼当初は前途多難に思えたが、1ヵ月後想像以上の成長を遂げた彼ら。果たして漫画の背景に挑戦できるのか!?




▼その他背景の描き方のポイントも描かれているので、漫画の描き方を勉強したい人にもお進めの1冊です!




これまで絵を描くということに触れてこなかった彼らが、どういった心境で取り組んでいるのか。
苑場氏がなぜこの取り組みを行っているのかということがわかるノンフィクション作品。いったいどのような取り組みなのかと興味を持った方は、ぜひ一度ご確認ください。


刊行情報





この本を読むだけで絵が上手に!? マンガ背景画が上達する術がココに!

『刑務所でマンガを教えています。』
著者:苑場凌&JKS12
定価:本体650円+税
発行:株式会社KADOKAWA

11月21日(水) 発売!

【あらすじ】
刑務所で受刑者にマンガ背景画を教えている漫画家さんの、実録ノンフィクションまんが。なぜ刑務所で教えることになったのか? そして、絵が上手くなりたい方は必見です。

【試し読みはこちら!】
https://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_MF01200381010000_68/


関連サイト


【月刊コミックフラッパー公式ホームページ】 http://www.comic-flapper.com/ 
【公式Twitter】  http://twitter.com/comic__flapper
【苑場凌Twitter】 https://twitter.com/youzenjyuku