トピックス

シリーズ累計50万部突破!大人気の体験型謎解きミステリー『暗号クラブ』新刊&スピンオフ・シリーズ『ふたご探偵1』本日同時発売!

株式会社KADOKAWAは、大人気の体験型謎解きミステリーシリーズ「暗号クラブ」の最新刊『ホピ族からのメッセージ』、そしてスピン・オフの新シリーズ『ふたご探偵1巻 ゆうれい屋敷の暗号』を本日発売いたしました。




暗号が大好きな6年生5人が集まって結成された「暗号クラブ」。エム・イーの親戚、ホピ族が住む、
アリゾナ州のセドナへやってきた5人は、ふしぎなマークがならぶメッセージを受け取る。
メッセージを解きながら進んでいくと、待っていたのは──!

アメリカインディアンの暗号も登場!
全米でもっとも美しい町といわれるセドナには、アメリカインディアンのホピ族が住む居留地がある。
伝統的なお祭りがおこなわれ、古い建物が保存されている地区へやってきた5人は、
ふしぎなメッセージに導かれ、岩山の中の公園を探検することに。
ところが、かつてない危機が5人を襲います!
思いがけないラストまで、ハラハラドキドキが止まらない! スリルいっぱいの新刊です。

今回の案内役は、おしゃれ&おしゃべりなエム・イー!





セドナは、赤い岩山で有名なのっ!
スピリチュアルな場所でもあるんだよ!(エム・イー)







■書誌情報

『暗号クラブ13 ホピ族からのメッセージ』

【著】ペニー・ワーナー
【訳】番 由美子
【イラスト】ヒョーゴノスケ
【発売】2018年7月19日(木)
【定価】 本体850円(+税)


【体裁】四六判 / 並製 / 256ページ
【対象】8歳(小学校中学年~)



そして…『暗号クラブ』の主人公コーディの友だち、ライラが主人公の新シリーズ、始まります!

なぞ解きが大好きなライラと、手品が趣味のジェイクは、仲良しのふたごのきょうだい。ある日、ゆうれいが出るといううわさの屋敷で、カードの暗号を見つける。
それは、2年前の「マジシャン失そう事件」につながっていた──!





■書誌情報

『ふたご探偵1巻 ゆうれい屋敷の暗号』

【著】ペニー・ワーナー
【訳】番 由美子
【イラスト】ヒョーゴノスケ
【発売】2018年7月19日(木)
【定価】 本体850円(+税)
【体裁】四六判 / 並製 / 256ページ
【対象】8歳(小学校中学年~)




■キャンペーン実施中!
『暗号クラブ13 ホピ族からのメッセージ』
『ふたご探偵1巻 ゆうれい屋敷の暗号』
この2冊を読んで、特別デザインのオリジナル図書カードNEXTが100名に当たるキャンペーンも実施中!
詳しくは書籍の帯を見てね!
夏休みに暗号を解きながら読書を楽しもう!

<お客様からのお問い合わせ先>
KADOKAWAカスタマーサポート
[電 話] 0570‒002‒301(土日祝日を除く11時~17時)
[問い合わせフォーム] https://wwws.kadokawa.co.jp/support/contact/