トピックス

池上彰の「知ら恥」シリーズ第9弾は“自分ファースト”に振り回される世界を解説! 分断、対立を引き起こす1強政治の実態に迫る。

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)は、6月9日に、信頼の「ニュース入門」第9弾、角川新書『知らないと恥をかく世界の大問題9 分断を生み出す1強政治』(池上彰・著)を発売しました。シリーズ累計180万部突破、愛称「知ら恥」シリーズの最新刊の登場です。

世界の中での日本の位置を確認することの大切さ




テレビ番組で世界の現代史の現場を訪れている池上彰さん。歴史を知ることで、現在が見えてくるーーそんな池上さんの現代史講義というべきシリーズが『知らないと恥をかく世界の大問題』です。シリーズ第1弾が出版されたのは2009年11月のこと。それ以降、多くの読者のみなさんに受け入れられ、「ニュース入門」の定番としてロングセラーを続けてきました。その最新・第9弾が6月9日に発売となりました。

世界はいま、激動の時代を迎えています。その中心には、アメリカのトランプ大統領がいます。エルサレム米大使館移転、イラン核合意問題、貿易戦争、米朝会談等々、「アメリカ・ファースト」ならぬ「トランプ・ファースト」が世界を混乱に陥れています。

たとえばエルサレム米大使館移転の問題。この問題を考えるうえで、その歴史的背景を振り返ることが欠かせません。歴史を知ることで大問題がくっきりと見えてくるのです。はたしてトランプ大統領はそうした“歴史”を学んでいたのでしょうか。池上さんは「無知の知ならぬ無知の恥となってはいけない」と話します。

本書の「おわりに」で、池上彰さんはこう書いています。
――世界への興味関心を持ち続け、世界の中での日本の位置を確認し、日本の進路を考える。これが大事なことだと思います。――
世界と日本の関係を知るうえで欠かせない本シリーズがきっとあなたのお役に立ちます。

本文320ページ、お馴染みのイラスト図解20点も収録。ニュースの副読本としてはもちろん、受験・就活や教養本としてもおすすめの一冊です。

【目次】
■プロローグ 分断、対立。その裏で進む1強政治
■第1章 トランプ政権をめぐるアメリカの姿
■第2章 イギリスのEU離脱を迎えるヨーロッパ
■第3章 イスラム世界のいま
■第4章 北朝鮮危機と習近平の1強政治~東アジアの現在
■第5章 人類がつくりだした魔物と向き合う
■第6章 安倍「1強」政治の行方
■エピローグ 混乱の時代をあなたはどう生きるか

【書誌情報】
角川新書『知らないと恥をかく世界の大問題9』
著者:池上 彰
定価:(本体860円+税)
発売日:2018年06月09日
ISBN:978-4-04-082206-8
頁数:320ページ
発行:株式会社KADOKAWA
https://www.kadokawa.co.jp/product/321708000025/

【好評既刊】
角川新書『池上彰の世界から見る平成史』
著者:池上 彰
定価:(本体820円+税)
発売日:2018年02月17日
ISBN:978-4-04-082168-9
頁数:192ページ
発行:株式会社KADOKAWA
https://www.kadokawa.co.jp/product/321705000024/