トピックス

中村憲剛、内田篤人らは自分のポジションをどう勝ち得てきたか? 岩政大樹がサッカー人の思考法を解き明かす『ウィニング・ストーリー 一流サッカー選手・指導者の自己実現術』が発売!

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)は、岩政大樹+スカパー!「スカサカ!ライブ」著『ウィニング・ストーリー 一流サッカー選手・指導者の自己実現術』を6月12日(火)に発売いたしました。



元サッカー日本代表の岩政大樹氏は、鹿島アントラーズ、テロ・サーサナ(タイ)、ファジアーノ岡山をへて現在、東京ユナイテッドFC(関東サッカーリーグ)で現役選手としてプレーを続けるかたわら、スカパー!のサッカー情報番組「スカサカ!ライブ」でMCを務めるなどコメンテーター・解説者としても活躍中です。今回の新刊は、その「スカサカ!ライブ」内のコーナー「今まさに聞く」を書籍化したものになります。

「選手として一線を退いた今だからこそ、リスペクトする選手、指導者の方たちに話を伺うチャンスだと思った。カメラを前にすれば照れ臭さや恥ずかしさも消える。僕は純粋に、聞きたい人に聞きたいことを聞いてきた」(「はじめに」より)と岩政氏が語るとおり、「今まさに聞く」は現役サッカー選手・指導者を“直撃”する人気企画です。選手たちの思考を知り尽くす質問には、昨年9月の放送に出演した中村憲剛選手も「やばい、引き出された。これって“岩政マジック”?(笑)」と称賛したほど。

【書籍内容紹介】
『ウィニング・ストーリー 一流サッカー選手・指導者の自己実現術』では、「今まさに聞く」での対談の模様に加え、“一流選手・指導者”の言葉から感じたことを岩政氏が書き下ろした文章も収録されています。登場するのは
・中村憲剛選手(川崎フロンターレ)
・内田篤人選手(鹿島アントラーズ)
・大迫勇也選手(ブレーメン)
・阿部勇樹選手(浦和レッズ)
・興梠慎三選手(浦和レッズ)
・森重真人選手(FC東京)
・昌子源選手(鹿島アントラーズ)
・反町康治監督(松本山雅FC)
・チヨウ・キジェ監督(湘南ベルマーレ)
・イバン・パランコ・サンチアゴ コーチ(東京ヴェルディ)
・中山雅史氏(アスルクラロ沼津/サッカー解説者)
の11人(※書籍の掲載順)。

「すべての対談を見直し、伺ったお話を私なりの視点で捉え直し、そしてそれを文字にするという作業を加えて、本にする形を取らせていただきました。見えてきたのはそれぞれのストーリー。厳しい世界で自らの立ち位置を勝ち得てきたストーリーでした。それぞれに違う、その人なりのストーリーがあり、その人なりの“自分なり”があり、その人なりの自己実現がありました。きっとこれがこの本のキーワードになる。そこで『ウィニング・ストーリー 一流サッカー選手・指導者の自己実現術』というタイトルにしました」(岩政氏)。

岩政氏が読み解いた一流選手・指導者たちの“自己実現術”からは、「上達の流儀」「傾聴力」「マネジメント方法」「失敗を生かす力」などのポイントが浮かび上がってきました。その内容はサッカーファンのみならず、ビジネスパーソンにも大いに役立つもの。元サッカー日本代表監督で、JFL・FC今治代表の岡田武史氏も「この11人の思考は社会人に必ず役立つ。岩政君がそれを明快に解き明かした」と推薦の言葉を寄せています。

【書誌情報】


『ウィニング・ストーリー 一流サッカー選手・指導者の自己実現術』
著者:岩政大樹+スカパー!「スカサカ!ライブ」(編)
定価(本体1,350円+税)
発売日:2018年6月12日 ※電子書籍:同時発売
発行:株式会社KADOKAWA
https://www.kadokawa.co.jp/product/321803000001/
(C)岩政大樹+SKY Perfect JSAT Corporation. (C)KADOKAWA CORPORATION 2018

【岩政大樹氏プロフィール】


岩政大樹(いわまさ・だいき)●1982年1月30日生まれ。山口県出身。東京学芸大学在学中に、関東大学リーグ1部で新人王を受賞するなど頭角を現す。2004年、J1・鹿島アントラーズに入団。2007年~09年、鹿島のJリーグ3連覇に貢献、自身も3年連続Jリーグベストイレブンに輝いた。2009年、キリンチャレンジカップ・スコットランド戦でA代表初出場。2010年のFIFAワールドカップブラジル大会では日本代表メンバーに選出された。2013年に鹿島を退団。タイ・プレミアリーグのテロ・サーサナで1シーズンを過ごした後、2015年にはJ2・ファジアーノ岡山に加入。2017年からは関東サッカーリーグ1部・東京ユナイテッドFCでコーチ兼選手として、また東京大学運動会ア式蹴球部ではコーチとして活躍する。