トピックス

読んだらきっと美術館に行きたくなる! BS日テレの人気番組公式本『ぶらぶら美術・博物館プレミアムアートブック』最新版がKADOKAWAから発売! 2018年に観るべきアート展15展も紹介!

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)は、BS日テレの人気番組『ぶらぶら美術・博物館』の公式ムック『ぶらぶら美術・博物館 プレミアムアートブック2018-2019』 を発売いたしました。



気軽に楽しくアートに会いに行こう!
BS日テレの「ぶらぶら美術・博物館」(火曜21時OA)は気軽に楽しくアート展をめぐる情報を紹介し大人気! 番組コンセプト「気軽に楽しくアート体験」をそのまま1冊に閉じ込めたのが番組公式本「ぶらぶら美術・博物館 プレミアムアートブック」です。

2018~2019年の注目すべきは、「ルーヴル美術館展 肖像芸術―人は人をどう表現してきたか」(5.30~東京 国立新美術館、9.22~大阪市立美術館)、「縄文―1万年の美の鼓動」(7.3~東京国立博物館)、そしてあの『叫び』がやってくる「ムンク展―共鳴する魂の叫び」(10.27~東京都美術館)など。1年を語るに欠かせないアート展15展をメイン作品とともに大ボリュームで紹介しています。






「山田五郎×しりあがり寿 アート青春談義」では同世代のお二人が、少年期、サラリーマン時代を経て、どうしてアートに携わる仕事に就いたのか、その理由が明らかに!?
「番組8年目だからこそ振り返る「おぎやはぎのぶら美旅プレイバック」や、番組ミューズの「高橋マリ子とアートグッズ」と出演者登場企画も充実。


さらには今年のアート展巡りにお役立ちの「美術館アートスケジュール」や「全国こだわりのちいさな美術館25」…と、読んだらきっと美術館に足を運びたくなる1冊です。



(本書の主な内容)
【2018年に観ておきたいおすすめ展覧会セレクト15】
ルーヴル美術館展、プラド美術館展、生誕150年 横山大鑑展、特別展 江戸の戯画、ジョルジュ・ブラック展、ミケランジェロと理想の身体、縄文―1万年の美の鼓動、フェルメール展、ルーベンス展、ムンク展、ヌード NUDE、プーシキン美術館展、ミラクル・エッシャー展、没後50年 藤田嗣治展、特別展 魅せられたる仏像・神の姿
【青春アート談議】同世代対談 山田五郎×しりあがり寿
【おぎやはぎの全国ぶら美旅スペシャルプレイバック】
【高橋マリ子とアートグッズと。】
【全国こだわりのちいさな美術館30】
【搬入搬出のプロ・ミュージアムグッズ製作チーム・音声解説担当…に聞いた! 展覧会をつくるひとのお仕事」
【完全ガイド 2018-2019アートスケジュール】

(書誌情報)


『ぶらぶら美術・博物館 プレミアムアートブック 2018‐2019』
定価(本体1,350円+税)
発売日:2018年04月25日
発行:KADOKAWA
https://www.kadokawa.co.jp/product/321801000518/

【番組情報】
BS日テレ「ぶらぶら美術・博物館」
毎週火曜夜21:00~22:00放送
●番組公式サイト
http://www.bs4.jp/burabi/