トピックス

「2018年本屋大賞」ノミネート作、塩田武士『騙し絵の牙』大泉洋主演で映画化始動! 本人からのコメントも到着!

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)が発行する、塩田武士 著/大泉洋 写真(モデル)の小説『騙し絵の牙』(2017年8月31日発売)の実写映画化が始動いたしました。

『罪の声』著者・塩田武士が4年間にわたる取材で書き上げた社会派ミステリー!
人を魅了する笑顔の裏に深い陰を持つ主人公を、俳優・大泉洋が演じる。




『騙し絵の牙』は発案当初から映像化も視野に入れ企画され、俳優・大泉洋に関する綿密な分析による“あてがき”(大泉洋を主人公にイメージして執筆)で書かれた、2018年本屋大賞ノミネート作の中でも異色の文芸作品。

発売開始と同時に、多数の映像化のオファーを受けていたが、ついに大泉洋主演による実写映画化が始動!大泉洋が演じるのは、雑誌の廃刊を回避するため奔走する編集長・速水輝也。誰にでも愛される“人たらし”ながら、その笑顔の裏に深い陰を持つ、タイトル通り「騙し絵」のような二面性を持つ男の役どころとなる。
監督、脚本、配給は、続報にて発表。


[表1: https://prtimes.jp/data/corp/7006/table/4386_1.jpg ]




本のストーリー 
大手出版社で雑誌編集長を務める速水輝也。ウィットに富んだ語り口で人を虜にする魅力的な男だ。ある夜、上司から廃刊を匂わされたことをきっかけに、速水は組織に翻弄されていく。すると次第に彼の異常なほどの“執念”が浮かび上がってきて……。圧倒的にリアルな筆致で出版界の<光と闇>を描いた社会派長編。




騙し絵の牙
著者:塩田武士/写真(モデル):大泉 洋
定価:本体1,600円+税
ISBN:978-4-04-068904-3
発行:KADOKAWA


[表2: https://prtimes.jp/data/corp/7006/table/4386_2.jpg ]