放課後、ファミレスで、クラスのあの子と。2

放課後、ファミレスで、クラスのあの子と。2

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2024年05月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
244
ISBN:
9784049156522
label

放課後、ファミレスで、クラスのあの子と。2

  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2024年05月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
244
ISBN:
9784049156522

楽しいだけではいられない――向き合う時は今。

 放課後、ファミレスで、他愛もない話をするだけの関係《ファミレス同盟》を結んだ俺と加瀬宮小白。一緒に遊ぶ予定を立て、楽しみにしていた夏休みは――予定外の小白の家出と共に始まることになった。

 家族との不和。それが家出の原因であり、小白がファミレスに逃げ込んだ理由。だから俺と小白は二人きりの逃避行を始めた。海に温泉に、もちろんファミレス。この夏は予定通り楽しい思い出で埋めたいんだ。

 でも、現実は俺たちを逃がしてはくれない。家族に追いつかれ、ついに向き合わなきゃいけない時が来た。困難に立ち向かう小白、覚悟を決めた小白。そんな彼女は逃げ続ける俺とは大違いだけど、だからこそ、眩しくて、綺麗で、俺は――そんな彼女が欲しいと思ったんだ。
 放課後、ファミレスで、他愛もない話をするだけの関係《ファミレス同盟》を結んだ俺と加瀬宮小白。一緒に遊ぶ予定を立て、楽しみにしていた夏休みは――予定外の小白の家出と共に始まることになった。

 家族との不和。それが家出の原因であり、小白がファミレスに逃げ込んだ理由。だから俺と小白は二人きりの逃避行を始めた。海に温泉に、もちろんファミレス。この夏は予定通り楽しい思い出で埋めたいんだ。

 でも、現実は俺たちを逃がしてはくれない。家族に追いつかれ、ついに向き合わなきゃいけない時が来た。困難に立ち向かう小白、覚悟を決めた小白。そんな彼女は逃げ続ける俺とは大違いだけど、だからこそ、眩しくて、綺麗で、俺は――そんな彼女が欲しいと思ったんだ。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

同じシリーズの作品

「放課後、ファミレスで、クラスのあの子と。2」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 放課後にファミレスで、他愛もない話をする《ファミレス同盟》を結んだ紅太と加瀬宮小白。一緒に遊ぶ予定を立て楽しみなはずの夏休みが、予定外の小白の家出と共に始まる第2弾。母親と衝突して衝動的に家出した小白 放課後にファミレスで、他愛もない話をする《ファミレス同盟》を結んだ紅太と加瀬宮小白。一緒に遊ぶ予定を立て楽しみなはずの夏休みが、予定外の小白の家出と共に始まる第2弾。母親と衝突して衝動的に家出した小白を受け止めて、自らも家を出て2人きりの逃避行を始めた紅太。海に温泉にファミレスと、夏を予定通り楽しい思い出で埋めたい2人の前に現れた、小白の姉でシンガーソングライターの黒音。紅太に支えられながら、容赦なく現実を突きつける一方で妹を溺愛する姉や、母親と向き合った小白は今回頑張りましたけど、今度は紅太の番ですね。 …続きを読む
    よっち
    2024年05月11日
    33人がナイス!しています
  • 1巻で共感の極みいったから、2巻からは終始イチャイチャしとる……相手の欲しい言葉をお互いに次々当てては恥ずかしがる当人たち。爆発しろ通り越してなんじゃコイツら……と乾いた笑いが出てしまう。1巻の時のやせ我慢 1巻で共感の極みいったから、2巻からは終始イチャイチャしとる……相手の欲しい言葉をお互いに次々当てては恥ずかしがる当人たち。爆発しろ通り越してなんじゃコイツら……と乾いた笑いが出てしまう。1巻の時のやせ我慢みたいな反抗期どこいったんや。 一方ヒロインの家族方面は別ベクトルでぶっ飛んでいる。姉はシスコンがギャグになってるし、母親は被害妄想マシマシのクレイジーさ。正直ついていけない。 このまま主人公の家族の話行っていいのか。もっとクレイジーな妹になるのか。 もしかしたら私は思春期の恋愛についていけてないのか? …続きを読む
    のれん
    2024年05月15日
    25人がナイス!しています
  • それぞれの家での居心地の悪さから放課後のファミレスで共に時間を過ごしながら仲を深めてきた二人。 二巻では、ヒロインの小白の家出と共に始まって。 めっちゃ良かったです! 小白の家族との関係性や、向き合わな それぞれの家での居心地の悪さから放課後のファミレスで共に時間を過ごしながら仲を深めてきた二人。 二巻では、ヒロインの小白の家出と共に始まって。 めっちゃ良かったです! 小白の家族との関係性や、向き合わなければいけないもの、そしてそれを支える主人公に少しずつ近づいて変わっていく距離に、いい味を出している主人公以外のキャラ達。 終盤にかけての展開含めてとても好みでした。いやー良かった。 そして、次巻への期待も持たせる終わり方で、三巻が楽しみですね! …続きを読む
    和尚
    2024年05月12日
    19人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品