放課後、ファミレスで、クラスのあの子と。

放課後、ファミレスで、クラスのあの子と。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2024年01月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
248
ISBN:
9784049148718
label

放課後、ファミレスで、クラスのあの子と。

  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2024年01月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
248
ISBN:
9784049148718

なんとなく楽しい、そんな時間が心地よくて。

 いつものファミレス――そこは、親の再婚でなんとなく家に居づらくなった俺の逃避先。家族と無理に過ごさずにすむ、自分だけの居場所。
 そんなファミレスでいつも見かけるクラスメイトの加瀬宮小白は、誰とも馴染まない孤高の美少女。どうやら彼女も家に居場所がないらしい。ひょんなことからお互いの秘密を語り合った俺たちは、遅く帰るためのアリバイを作る《ファミレス同盟》を結ぶことになって……。
 その日から俺たちは、お互いがありのままでいられる関係になり、退屈だったファミレスでの時間は小白と愚痴り合う楽しい時間になった。
「「―――明日の放課後、いつもの店に集合で」」
 放課後のファミレスで、今日もふたりの帰らない理由探しが始まる。
 いつものファミレス――そこは、親の再婚でなんとなく家に居づらくなった俺の逃避先。家族と無理に過ごさずにすむ、自分だけの居場所。
 そんなファミレスでいつも見かけるクラスメイトの加瀬宮小白は、誰とも馴染まない孤高の美少女。どうやら彼女も家に居場所がないらしい。ひょんなことからお互いの秘密を語り合った俺たちは、遅く帰るためのアリバイを作る《ファミレス同盟》を結ぶことになって……。
 その日から俺たちは、お互いがありのままでいられる関係になり、退屈だったファミレスでの時間は小白と愚痴り合う楽しい時間になった。
「「―――明日の放課後、いつもの店に集合で」」
 放課後のファミレスで、今日もふたりの帰らない理由探しが始まる。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

同じシリーズの作品

「放課後、ファミレスで、クラスのあの子と。」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 《絶えざるハラスメント》紅太少年の家庭事情は、実母も義父も割とできた人物であり、「兄さん」扱いしてくれるキャワワ(重要)な義妹(但し肚に一物あり)がいてくれて、それ位どないかせーよ、と思ったのだが。よ 《絶えざるハラスメント》紅太少年の家庭事情は、実母も義父も割とできた人物であり、「兄さん」扱いしてくれるキャワワ(重要)な義妹(但し肚に一物あり)がいてくれて、それ位どないかせーよ、と思ったのだが。よりキャワワ(最重要)な少女・小白への母親による現在進行形のハラスメントが、児相レベルで酷過ぎる。「諦めた」と言いながら、行動を束縛するなど人格をへし折りに来てるだろう。次巻に向けて選び取った行動は「そんなものだろう」という感想だったが、少年少女だけで対処し得る程度を超えているので対抗策にはならないと思うな …続きを読む
    ばたやん@かみがた
    2024年04月22日
    61人がナイス!しています
  • 親の再婚で家に居づらくなり、ファミレスに逃避していたた高校生の成海紅太。そこで見かけるクラスメイトの加瀬宮小白と同盟を結ぶ青春小説。比較される義妹ができたことで、過去の経緯から家族とぎくしゃくしている 親の再婚で家に居づらくなり、ファミレスに逃避していたた高校生の成海紅太。そこで見かけるクラスメイトの加瀬宮小白と同盟を結ぶ青春小説。比較される義妹ができたことで、過去の経緯から家族とぎくしゃくしている成海。彼がひょんなことから同じように家に居場所がないと感じていて、学校では誰とも馴染まない孤高の小白と家族の愚痴を言い合うファミレス同盟を結ぶ展開で、思っていたことを言える相手、そしてお互いにありのままでいられる場所ができたことで、少しずつでも変化していく二人の関係がどうなるのか続巻が楽しみなシリーズですね。 …続きを読む
    よっち
    2024年01月10日
    33人がナイス!しています
  • ★★★★★めっちゃ良かった。自宅に居にくさを感じ、ファミレスで時間を潰していた主人公とヒロインがひょんなことから交流を始め、やがて互いが互いをかけがえのない居場所だと思うようになっていくラブコメ。ただの常 ★★★★★めっちゃ良かった。自宅に居にくさを感じ、ファミレスで時間を潰していた主人公とヒロインがひょんなことから交流を始め、やがて互いが互いをかけがえのない居場所だと思うようになっていくラブコメ。ただの常連客同士がたまたまクラスメイトだったというだけの繋がりとも呼べないような薄っすい関係性から、気楽に愚痴りあうことのできる「ファミレス同盟」の結成を経て、どんどん親密になっていく。ゼロスタートから次第に感情が熱を帯びていって、彼(彼女)じゃないとダメなんだとなるまでがしっかり描かれていて、良すぎんかと。 …続きを読む
    わたー
    2024年01月13日
    30人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品