ランチ酒 1

ランチ酒 1

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2024年02月15日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
164
ISBN:
9784049155426
label

ランチ酒 1

  • 原作 原田 ひ香
  • 作画 高田 サンコ
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2024年02月15日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
164
ISBN:
9784049155426

女ひとりの「ランチ酒」。今日もまた、食べて、飲んで、生きていく。

犬森祥子。バツイチ、アラサー。職業・見守り屋。営業時間は朝の五時まで。
唯一の贅沢は、仕事上がりの晩酌ならぬ「ランチ酒」――。

様々な事情を抱える客からの依頼が舞い込む「中野お助け本舗」。
祥子の仕事は、人やペットなど、とにかく頼まれたものを寝ずの番で見守る「見守り屋」だ。
そんな彼女の唯一の贅沢は、夜勤明けの晩酌ならぬ「ランチ酒」。
別れた夫のもとで暮らす愛娘の幸せを願いながら、束の間、最高のランチと酒に癒される。
犬森祥子。バツイチ、アラサー。職業・見守り屋。営業時間は朝の五時まで。
唯一の贅沢は、仕事上がりの晩酌ならぬ「ランチ酒」――。

様々な事情を抱える客からの依頼が舞い込む「中野お助け本舗」。
祥子の仕事は、人やペットなど、とにかく頼まれたものを寝ずの番で見守る「見守り屋」だ。
そんな彼女の唯一の贅沢は、夜勤明けの晩酌ならぬ「ランチ酒」。
別れた夫のもとで暮らす愛娘の幸せを願いながら、束の間、最高のランチと酒に癒される。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

「ランチ酒 1」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 主人公の犬森祥子は、見守り屋という、人やペットなど何でも寝ずに見守るという変わった仕事をしている。仕事上がりの「ひとりランチ酒」が唯一の楽しみで、そこが見所。料理すごく美味しそう。だけど、見守りの依頼 主人公の犬森祥子は、見守り屋という、人やペットなど何でも寝ずに見守るという変わった仕事をしている。仕事上がりの「ひとりランチ酒」が唯一の楽しみで、そこが見所。料理すごく美味しそう。だけど、見守りの依頼人が、シングルマザーのキャバ嬢とか、初期認知症の母親を持つ息子とか、いろいろワケアリで、さまざまな人生が描かれていてなかなか興味深く、むしろこっちが中心じゃないかと思う。ランチはアクセント的存在? 主人公の境遇がかなりシビアらしいので、今後そっちの掘り下げの方も進むことに期待したい。 …続きを読む
    くろねこ文学
    2024年02月15日
    5人がナイス!しています
  • 仕事終わりのお酒は最高。昼間に飲む楽しさ、そしてひとりだからほっとする時間の大切さを教えてくれるマンガ。私が好きな、おそらく梅田にあるであろう居酒屋もモデルになっていて嬉しかったです。 仕事終わりのお酒は最高。昼間に飲む楽しさ、そしてひとりだからほっとする時間の大切さを教えてくれるマンガ。私が好きな、おそらく梅田にあるであろう居酒屋もモデルになっていて嬉しかったです。
    chamcham
    2024年02月18日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品