試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041076439

ギリギリ

  • 著者 原田 ひ香
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041076439

妻、夫、元姑。奇妙な三角関係が織りなす極上の<人間関係小説>。

夫の一郎太が過労死し、寂しさを紛らわすかのように同級生の健児と再婚した瞳。脚本家の卵である健児は、前夫の母・静江と妙に仲が良く、それが瞳は気に入らない。ある日、瞳は家で健児が書いた脚本の草稿を見つける。静江の伯母の思い出話をもとに構成したというその脚本を読むうちに、自ら選んだ「再婚」という選択に疑問を感じるようになり……。妻、夫、元姑。奇妙な三角関係が織りなす極上の<人間関係小説>。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ギリギリ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 夫を亡くし、ほどなく中高の同級生と再婚した瞳。再婚相手の健児。亡くなった夫の母親である静江。この3人が主な登場人物。変なの。何が変って、健児と静江の仲が良いのです。なんかね、笑えるんだけど、泣ける。そ 夫を亡くし、ほどなく中高の同級生と再婚した瞳。再婚相手の健児。亡くなった夫の母親である静江。この3人が主な登場人物。変なの。何が変って、健児と静江の仲が良いのです。なんかね、笑えるんだけど、泣ける。そんなに一生懸命考えなくてもいいよ、そんなに人に気を使わなくってもいいよ、と3人ともに言ってあげたくなります。でもさ、考えても仕方のないことを、始終考えながら人は生きていくのでしょうね。 …続きを読む
    さおり
    2019年01月13日
    45人がナイス!しています
  • 再読です。前に読んだのが1月。数ヵ月しかたってないのに、細かいこととかびっくりするほど忘れてたので、新鮮に読んでやはりとても良かったです。瞳と健児と静江。ギリギリで繋がってる3人が、それぞれに自分と向 再読です。前に読んだのが1月。数ヵ月しかたってないのに、細かいこととかびっくりするほど忘れてたので、新鮮に読んでやはりとても良かったです。瞳と健児と静江。ギリギリで繋がってる3人が、それぞれに自分と向き合う。私は結局いつも考えることから逃げてるし、できれば逃げ切って死にたいと思っているんだけど、この3人(と一郎太)を見てると、ちょっと考えが変わりそう。命あるうちに、自分のまわりの人からきちんと大切にされたいし、まわりの人をきちんと大切にしたい。今のところ毎日そのチャンスがあるんだもんね、奇跡的に。 …続きを読む
    さおり
    2019年08月10日
    40人がナイス!しています
  • ギリギリってそういう意味か!ひ香さんの「DRY」を読んだ時も「DRYー!」ってレビューで叫んだけど、タイトルの付け方がうまい!各章のタイトルがどれもカタカナ4文字なのもニクい。夫の一朗太が過労死してし ギリギリってそういう意味か!ひ香さんの「DRY」を読んだ時も「DRYー!」ってレビューで叫んだけど、タイトルの付け方がうまい!各章のタイトルがどれもカタカナ4文字なのもニクい。夫の一朗太が過労死してしまった瞳。その比較的すぐ後に渋々行った同窓会で再会した健児と再婚。健児は一朗太の母親の静江となぜか親しくなっていく。この世にもういない一朗太をそれぞれ想う瞳と静江、そんな瞳や静江の為に行動する健児、健児の仕事が多忙化するにつれ、うまくいかなくなる瞳と健児。。それぞれの関係性の微妙な距離感がとても好ましかった。 …続きを読む
    mincharos
    2020年08月12日
    38人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品