物語に一切関係ないタイプの強キャラに転生しました

物語に一切関係ないタイプの強キャラに転生しました

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2024年02月01日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
264
ISBN:
9784041145906
label

物語に一切関係ないタイプの強キャラに転生しました

  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2024年02月01日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
264
ISBN:
9784041145906

ただ偶然、そこにいただけの――最強。

 現代をモチーフにした和製RPG『ネオンライト』。
 そのゲームに人生を費やし、何度も周回するほど愛した俺は、
今まさにその夢の舞台に立って――いや、転生していた。
 転生したキャラは、会話の中ですら一度も見たことのない、
くたびれたサラリーマン風の青年『ルクス』。ゲームバランス
が崩壊しないか不安になるような、強キャラだ。
 愛するゲームのシナリオを壊さないよう、ひっそりと暮らして
いたにも拘らず……死ぬはずのキャラを救ったり、本来の主人
公以上にラスボスに一目置かれたり――どうしてこうなった!?
 設定外のキャラが無自覚無双!? 新感覚、異世界ファンタジー!
 現代をモチーフにした和製RPG『ネオンライト』。
 そのゲームに人生を費やし、何度も周回するほど愛した俺は、
今まさにその夢の舞台に立って――いや、転生していた。
 転生したキャラは、会話の中ですら一度も見たことのない、
くたびれたサラリーマン風の青年『ルクス』。ゲームバランス
が崩壊しないか不安になるような、強キャラだ。
 愛するゲームのシナリオを壊さないよう、ひっそりと暮らして
いたにも拘らず……死ぬはずのキャラを救ったり、本来の主人
公以上にラスボスに一目置かれたり――どうしてこうなった!?
 設定外のキャラが無自覚無双!? 新感覚、異世界ファンタジー!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

「物語に一切関係ないタイプの強キャラに転生しました」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 人生を費やして、何度も周回するほど愛したゲーム『ネオンライト』にチートキャラとして転生したルクスが、無自覚無双する異世界ファンタジー。悪の組織「十三階段」や抵抗するレジスタンスとは無関係の、魔法剣の力 人生を費やして、何度も周回するほど愛したゲーム『ネオンライト』にチートキャラとして転生したルクスが、無自覚無双する異世界ファンタジー。悪の組織「十三階段」や抵抗するレジスタンスとは無関係の、魔法剣の力を得たチートキャラ・ルクスに転生した主人公。偶然ボスキャラ・リヴィアの妹タナトスを拾い、戦う目的を失ったリヴィアまで居着いてしまう展開で、混乱する両陣営をよそに彼女たちとほどほどに生きようとする彼の存在と、物語のバランスを注視する観測者という構図の中で、彼女たちを守るために戦うルクスがなかなか良かったですね。 …続きを読む
    よっち
    2024年02月02日
    29人がナイス!しています
  • ★★☆☆☆Not for me.イマイチ何を書きたかったのかよくわからなかった作品だったなと。好きだったゲームの世界に転生した主人公。しかし、彼はゲームでも語られていなかったモブの社畜になっていた。そんな彼が、ゲーム ★★☆☆☆Not for me.イマイチ何を書きたかったのかよくわからなかった作品だったなと。好きだったゲームの世界に転生した主人公。しかし、彼はゲームでも語られていなかったモブの社畜になっていた。そんな彼が、ゲームのフレーバーテキストでのみ登場していた少女を助けてしまったことから、ゲーム本編のストーリーにも影響しだして…と、最大限、著者の意図を汲み取って粗筋を書いてみたが、本編では終始、主人公の行動原理がよくわからなかったかなと。主人公の置かれている状況、なんで副業にまで手を出しているのか、 …続きを読む
    わたー
    2024年02月03日
    19人がナイス!しています
  • 人生を費やしたゲームの世界に、物語に関わらぬチートキャラとして転生した男が、一面のボスキャラの妹を助け始まる物語。―――無関係、だから望みは平穏に。 ボスキャラ姉妹が家に居ついてしまい、振り回されつつ何 人生を費やしたゲームの世界に、物語に関わらぬチートキャラとして転生した男が、一面のボスキャラの妹を助け始まる物語。―――無関係、だから望みは平穏に。 ボスキャラ姉妹が家に居ついてしまい、振り回されつつ何だかんだと仲良くやっていく中で、その平穏を守るための方向が未知数な影響を生んでいく物語であり、平穏だけを望んで時に戦うくたびれた活躍が面白い物語である。ラスボスにまで注目され、物語は知らぬ間にかき乱され。それでも平穏だけを望んで進むその先、どんな未知が待っているのだろうか。 次巻も勿論楽しみである。 …続きを読む
    真白優樹
    2024年02月02日
    10人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品